セレブリティソルスティスで巡る南太平洋の島々~船内の紹介~

はじめに

セレブリティソルスティスの乗船レポート、この記事ではセレブリティソルスティスの船内の写真を多く載せています。
セレブリティソルスティスの写真館のような位置づけ見ていただけると幸いです。

【①クルーズの概要編】
セレブリティクルーズやセレブリティソルスティスの概要やクルーズの日程などについて書いています。
記事へのリンク:セレブリティソルスティスで巡る南太平洋の島々~クルーズの概要~
【②旅行記編】
今回のクルーズの旅行記(主に寄港地の様子)について書いています。
記事へのリンク: セレブリティソルスティスで巡る南太平洋の島々~旅行記~
【③船内の紹介編】※当記事
①や②で載せきれないセレブリティソルスティスの船内や食事、客室などについて写真多めで紹介しています。
記事へのリンク: セレブリティソルスティスで巡る南太平洋の島々~船内の紹介~

セレブリティソルスティスの客室

最初の記事でも書いたように今回のクルーズではセレブリティクルーズ独自の客室「アクアクラス」を利用しました。
アクアクラスは客室にベランダ(バルコニー)が付いているだけでなく、様々なサービスも付加されているのが特徴です。

写真ではベッドはツインになっていますが、客室係(ルームスチュアート)の方に頼めばダブルに変更してもらえます。
クルーズ船の客室にはホテルとは違って基本的にバスタブがなく、シャワールームのみであることが一般的です。(バスタブはスイート客室など上位の客室カテゴリーから付いてくるケースが大半です)

収納スペースは充分にあり、クローゼット内のハンガーも大量(10本前後)に備わっていますが、気になる方は折り畳み式のハンガーを持って行くと良いと思います。
乗船当日の荷ほどきさえすれば、後は下船前夜まで自分の部屋状態(=ほったらかし)にできて楽ちんなのはクルーズの良いところですね。

シャンプーや石鹸はありますが、歯ブラシセットは無いので自分で持って行く必要があります。
アメニティ類については身体に合う合わないの話もあるので、不安な方は普段使っているものを小分けにして持って行くと良いでしょう。

セレブリティソルスティスの食事

クルーズ会社を問わず、クルーズ船における食事のシステムは大きく分けて以下の4種類に分けられます。

  1. メインダイニング(コース料理) ※無料(クルーズ代金に含む)
  2. ビュッフェレストラン(バイキング形式) ※無料(クルーズ代金に含む)
  3. スペシャリティレストラン(コース料理) ※有料
  4. その他のバーなど ※基本的に有料

メインダイニングでのコース料理とほぼ1日中オープンしているビュッフェレストランについてはクルーズ代金に含まれており、これだけでも十分クルーズを楽しむことができます。(中には無料のダイニングを複数持つクルーズ会社もあります)

お酒をメインで楽しむところやより上質な食事を楽しみたい場合は有料サービスとなっているケースが多く、この場合はお店のスタイル応じてカバーチャージ制(一定額払えば食べ放題)かアラカルト制のどちらかとなります。

今回のクルーズではメインダイニングとビュッフェレストラン、スペシャリティレストランを一通り利用しましたが、どのレストランも日本人の口に合う味付けで良かったです。

ビュッフェレストラン「オーシャンビューカフェ」

ビュッフェレストランの「オーシャンビューカフェ」は早朝から深夜までオープンしていて、クルーズ中に最もお世話になる場所の1つです。

写真では主菜(メイン料理?)とスイーツの写真が大半ですが、他にもパン、ヨーグルト、シリアル、フルーツといったものから、ハンバーガー、ピザ、パスタなどのジャンキーなものまで一通りのジャンルの料理が揃っています。
水やコーヒー、紅茶、牛乳、野菜ジュースは無料(料金に含まれる)で、コーラやスプライトといった炭酸飲料、アルコール類は有料です。(今回は「ドリンクパッケージ」という飲み放題プランが付いていたので遠慮なく色々な飲み物を楽しむことができました)

本当に毎日&1日中食べ放題となるので、油断するとすぐ太ってしまうところは注意したいですね。

セレブリティソルスティスのメインダイニング

セレブリティソルスティスのメインダイニングは2階層吹き抜けになっていて、とてもおしゃれです。
夕食は後述の「ブルー」で食べていたのでこのメインダイニングを利用することはありませんでしたが、このような雰囲気の中で夕食を楽しめるというのはお伝えできるかと思います。

アクアクラス専用ダイニング「ブルー」

アクアクラスの乗客は専用のダイニング「BLU(ブルー)」を利用することができます。
今回のクルーズの朝食&夕食はほぼこちらで食べていました。メインダイニングとはまた違った趣があり、とてもおしゃれでした。

専用レストラン「ブルー」の朝食

専用レストラン「ブルー」の夕食

夕食はメニューの中から好きなものを自由にチョイスして食べられます。
基本は前菜・スープ/サラダ・メイン・デザートの4品コースですが、「今日はがっつりメインを2つ!」「お腹いっぱいだから前菜とスープだけ!」というように自分のお腹の調子に合わせて柔軟に対応してもらえます

スペシャリティレストラン「シルクハーベスト」

カバーチャージ制の有料レストランその1。
レストランのテーマ:アジアン、カバーチャージ:1人35ドル(USD)。

スペシャリティレストラン「トスカーナグリル」

カバーチャージ制の有料レストランその2。
レストランのテーマ:イタリアン、カバーチャージ:1人45ドル(USD)。

スペシャリティレストラン「ムラーノ」

カバーチャージ制の有料レストランその3。
レストランのテーマ:モダンフレンチ、カバーチャージ:1人50ドル(USD)。
セレブリティクルーズに乗ったら1回は行って欲しいおすすめのレストランです。

セレブリティクルーズの船内

セレブリティソルスティスの船内の様子をご紹介します。

セレブリティソルスティスで毎晩行われるショー

旅行記の記事ではあまり触れていませんでしたが、セレブリティソルスティスでは毎晩、様々なジャンルのショーが行われます。
1回の公演は大よそ1.5~2時間くらいで、内容も本格的なものばかりでスタンディングオベーションが起きるようなショーもありました。

セレブリティソルスティスのプールやジャグジー、ジムなど

プールは屋外屋内それぞれにあり、屋外には温水のジャグジーもあります。
プールサイドにはデッキチェアもあるので、一休みするも良し、読書するも良し、過ごし方は人それぞれです。

ペルシャンガーデン

クルーズ旅行ならではの景色

おわりに

この記事ではセレブリティソルスティスの船内の様子を写真多めでご紹介しました。
セレブリティクルーズ、セレブリティソルスティスのイメージが掴んで頂けたのであれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
他の記事はこちらからもご覧いただけます。
【①クルーズの概要編】
セレブリティクルーズやセレブリティソルスティスの概要やクルーズの日程などについて書いています。
記事へのリンク:セレブリティソルスティスで巡る南太平洋の島々~クルーズ旅行の概要~
【②旅行記編】
今回のクルーズの旅行記(主に寄港地の様子)について書いています。
記事へのリンク: セレブリティソルスティスで巡る南太平洋の島々~クルーズ旅行記~
【③船内の紹介編】※当記事
①や②で載せきれないセレブリティソルスティスの船内や食事、客室などについて写真多めで紹介しています。
記事へのリンク: セレブリティソルスティスで巡る南太平洋の島々~セレブリティソルスティスの船内~

※記事に掲載している写真や画像は引用明示等の断りのあるものを除き全て筆者が撮影・加工したものを使用しています

メンバープロフィール

クマゴロ
クマゴロ
クルーズ旅好きの30代。新婚旅行で初めてのクルーズ旅(カリブ海クルーズ)を経験。
クルーズ旅の効率の良さ、コスパの良さなど、その魅力にすっかりハマり、
気付けば年1~2回のペースで外国船クルーズを楽しむように・・・。
2018年より、子もクルーズ旅に参戦。家族揃ってクルーズ旅を満喫中。

乗船経験:7回(外国船5社、滞在日数約50日)

→2015年12月:西カリブ海クルーズ7泊8日(オアシスオブザシーズ)

 2016年09月:西地中海クルーズ7泊8日(ノルウェージャンエピック)

 2017年03月:南太平洋クルーズ9泊10日(セレブリティソルスティス)

 2017年08月:ベトナムクルーズ5泊6日(ボイジャーオブザシーズ)

 2018年08月:日本発着クルーズ5泊6日(コスタネオロマンチカ)

 2019年03月:ハワイ周遊クルーズ7泊8日(プライドオブアメリカ)

 2019年05月:日本発着クルーズ4泊5日(ダイヤモンドプリンセス)

関連記事

  1. いつか夫婦で乗りたい…憧れの上級プレミアム客船オーシャニア・クルーズ「リビエラ」の船内見学会へ!

  2. 豪華客船クイーンエリザベスで巡るエーゲ海アドリア海ハネムーンクルーズ〜寄港地編〜

  3. 最高すぎる!東カリブ海クルーズライフ【新たな挑戦】

  4. プライドオブアメリカで行くハワイ4島周遊クルーズ!!

  5. さぁ地球を旅しよう!クルーズで味わうここにしかない特別な体験を✧

  6. セレブリティソルスティスで巡る南太平洋の島々~クルーズ旅行の概要~

カテゴリー

  1. クルーズ愛好者からの評価が高い美食客船「ノルウェ…

  2. コスパ抜群!コスタセレーナで航くショートクルーズ

  3. 【船内見学会レポ】ノルウェージャン スピリット / …

  4. イタリアの生まれのコスタ セレーナで楽しむ陽気で欲…

  5. 【子連れクルーズ】コスパ抜群!! 日本発 コスタクル…

  1. コロナ禍でどう進化した?ダイヤモンド・プリンセス

  2. クロワジー・ヨーロッパ プロバンスを堪能するローヌ…

  3. 私の推し航路「エーゲ海クルーズ」

  4. 『世界で最も美しい船旅』フッティルーテン・沿岸急…

  5. 南フランスを徹底的に楽しむリバークルーズ(紹介編)