まるで動くホテル!クルーズ旅行のおすすめポイント必須アイテム

こんにちは、Amyです。

クルーズって、高い?老後の楽しみ?子連れでは行けない?なんていうイメージがあるかもですが、全然そんなことないんです!
むしろ、そんなイメージで行かないのは損!というくらいおすすめ。

あちこち観光地に移動する必要がないので、まるで動くホテル!
というか船内で十分色々楽しめるので、動くエンターテイメント施設とも言えそう。

私の初めてのクルーズ体験は、ノルウェージャンクルーズライン(NCL)で行ったバハマクルーズ。
私なりにおすすめのポイントや注意点、必須アイテムをまとめたので、ぜひ読んでみてくださいね!

バハマクルーズ成田→マイアミへのアクセス

成田→アトランタ→前日にマイアミというルートで現地に向かいました。
飛行機代は12万円くらいだったかな。

<注意点>

✔️万が一、飛行機が欠航等で翌日着になりクルーズに乗り遅れるなんてことを避けるため、前泊がおすすめ。
✔️セキュリティ上の理由から、クルーズ1日目の出航2時間前までに乗船が必要。
✔️クルーズ最終日の着岸から下船開始までに通常2時間ほどかかるので、余裕を持って予定を立てましょう!

出発ゲートが変更になったことに気づかず、気付いた時にはギリギリで、アトランタではかなり広大な空港内を端から端まで爆走!!

出発10分前に到着しなんとか間に合った(滝汗)
そんなことがあるので、海外旅行久々の方は特にお気をつけください。

<注意点>

✔️時計を現地時間に合わせるのを忘れずに!
✔️出発ゲートが変更になってないか要チェック

私が行ったのは1月上旬でしたが、マイアミは日陰だと少し肌寒く、羽織るものがあるといいかなという感じ。
現地の人は半袖という方も多かったです。

いよいよノルウェージャンクルーズに到着!

どーん!!と想像を超える大きさのクルーズが!!

<注意点>

✔️マイアミからバハマは、出国扱いになるのでパスポート必須!
✔️残存有効期間は入国時に6ヵ月以上あることを事前に要確認
✔️クルーズチケット、パスポート、クレジットカードを見せると、お部屋のカードキーをいただけます。

さあ、クルーズに乗り込んだら、あとは思いっきり楽しむだけ!
クルーズのおすすめポイントをご紹介します。

クルーズのおすすめポイント

寝ている間・遊んでいる間に次の場所へ

あくせく移動する必要がないので、楽々!
疲れたら部屋に戻ればいいし、いつでも食事を取れるし、子連れ旅、両親との旅など、2世代、3世代旅行にもおすすめ。

クルーズには、3つのカテゴリー「カジュアル」「プレミアム」「ラグジュアリー」があるけど、
最初はファミリー向けのサービスや施設が充実した「カジュアル」から選べば、より楽しめる。

コスパがいい!

オールインクルーシブで、宿泊費、お食事、お酒、エンターテイメント込みで3日間35,000円くらいからあるよ!

追加が必要になる場合もあるようですが、基本は食事やドリンクやショーは全部無料。
時間指定、テーブル指定なしで豊富な種類の美味しいお料理が楽しめる!

海の外を眺めながらいただくお食事は格別♡

お部屋から海を眺めるプライベート感

インサイドのお部屋は一番安いけど、できれば窓ありのお部屋、欲を言えばバルコニーがある方が、より外の眺めを楽しめておすすめ。
可愛いタオルアートが出迎えてくれるよ♪

極上の眺め

朝日や夕日など、船の屋上からの眺めは格別です。
何にも邪魔されない眺めを360度楽しめるのは、クルーズならではの体験。

国際交流ができる

ダンス

私が行った時は、屋上でいろんな国の人々がダンス!開放感が半端なかったです!
屋上にはプールもあるので、水着でのんびり楽しんでいる方も。
近くにいた人と一緒に盛り上がりました!

ドレスコード

ドレスアップデーもあり、各国の皆様おしゃれに気合が入ります。
日本人の方は、浴衣を着ていると写真をお願いされたりと人気だったようです!
写真は、ホワイトパーティーの時で、ドレスコードがホワイトだった時の。

寄港地でアクティビティーを楽しめる

ナッソーなどの寄港地で、アミューズメントパークやマリンアクティビティーを楽しめる!
豚さんが泳ぐ光景も見られるかも!?

番外編:必須アイテム

酔い止め

大型船は基本揺れは気にならないけど、大荒れの天気の時は、船酔いの懸念が。
私は酔い止めを飲んで寝ていました。
寝ている間に揺れも落ち着いて一安心。

夏の服装&サンダル

バハマクルーズは日中は暑いので、冬の時期でもサンダルがあるといいです。
映えを狙うなら、リゾートっぽいワンピや大振りアクセなどもおすすめ!
日本じゃあまり着られない服装も思いっきり楽しもう!

羽織りもの

外は暑い!とは言え、中はエアコンがガンガン効いています。
羽織りものがあると便利です。

水着

船上にはプールもあるし、寄港地では海に入ったりもするので、あると便利。
現地調達も良いけど、日本人にはサイズが大きすぎるかもなので持って行った方が安心!

三脚

記録に残したいなら、三脚があれば一人の時も、思い通りのショットが撮れるのでおすすめ!

サングラス

船上は眩しいです!晴れの日は海の反射もきつい!サングラスがあると絶対便利!

小さめバッグ

船内で動き回るのに、必要最低限のものを入れる用のショルダーバックなど小さなバッグがあると便利。

クルーズは早めの予約がお得♪

※写真はエーゲ海でクルーズ船を眺めています。

感染症対策で、私が行った時とはまた変わっている部分はあると思いますが、少しでも参考になれば幸いです!
続々とクルーズラインが運行再開しているので、チェックしてみてくださいね!

メンバープロフィール

Amy
Amy
旅行が大好きで、
2018~2019年はほぼ月一で海外旅行。
2020年後半~2021年前半はほぼ月一で国内旅行。

クルーズは、ノルウェージャンクルーズでカリブ海周遊の経験あり。

アメリカ人の夫と国際結婚、1児の母。
インスタグラムでは、オススメの旅先やホテルについて発信。
インスタグラム講師・コンサルタント。

関連記事

  1. 【後篇 寄港地レポート】新造船「MSCベリッシマ」で巡る地中海クルーズ

  2. 究極のオールインクルーシブ!ラグジュアリーな空間のシルバー・ミューズの船内見学

  3. 『ヴァージン・ヴォヤージュ』乗船日の流れ

  4. さぁ地球を旅しよう!クルーズで味わうここにしかない特別な体験を✧

  5. ラグジュアリーを教えてくれたシルバーシーの客船たち

  6. 初心者におススメ!超大型客船を遊びつくすショートクルーズの魅力