究極のオールインクルーシブ!ラグジュアリーな空間のシルバー・ミューズの船内見学

神戸港にきていた『シルバーシー・クルーズ』の「シルバー・ミューズ」の船内見学会に行ってきました!
シルバーシー・クルーズはクルーズの中でも最上級ラグジュアリー船。
全室海側スイートルームであり、なんと全室にバトラーさん付き!とってもきめ細やかなサービスを受けられる究極のオールインクルーシブ船なんです。

この記事ではシルバー・ミューズの魅力をたっぷりとお届けします!

シルバー・ミューズの情報

クルーの数411名
乗客数596名
就航2017年
総トン数40,700トン
全長212.8m
全幅27m

ゲスト約1.3人に対して1人のスタッフという割合なので、一人一人に合わせたサービスを提供。
また、この規模の船では珍しく8ヶ所ものレストランを用意。
シルバー・ミューズでは“お好きな時に・お好きな方と”をコンセプトにしているので、時間指定のあるメインダイニングを取り入れていません。

いつでも好きな時に食事を楽しむことができます!

シルバー・ミューズに乗船


今回見学した神戸港発着のシルバー・ミューズは日本一周をする14泊15日のクルーズ。
日本一周ですが船の中は海外扱いなので、船内見学をする時にもパスポートが必要です!(そして今ならワクチン摂取証明書なども)
日本にいながらちょっぴり海外旅行気分を味わえるのも良いですね。


入り口でパスポートを預けたら、シルバー・ミューズのビジターパスをもらいます。
いつか「ビジター」って書いていないパスをもらって実際に乗船してみたいですね!


シルバー・ミューズに乗船し、最初のフロアは5デッキ。
レセプションやツアーコンシェルジュのいるフロアになります。
広々とした空間にゆったりしたソファが設置されており、乗船してすぐ優雅な気分になりますね!

シルバー・ミューズのサービス


シルバーシー・クルーズは世界最高峰の6スタークルーズ。
今回見学したシルバー・ミューズは1人1泊10万円から!
2名1室が基本で14泊あるので約300万円からのクルーズになります。

まさに豪華客船!といった金額ですが、実は1泊10万円ならありかも…?と思わせられるほどのサービスが充実しているんです。

シルバー・ミューズのサービス
  • 全室海側スイートルーム
  • 全室にバトラーサービス付き
  • 1番安いお部屋でも36㎡〜
  • 日本国内発着のクルーズなら家から港まで片道80km以内だと無料のハイヤー送迎付き
  • シャンパンやワインなどアルコール含めてすべての飲み物が無料
  • 食事も無料(2店舗のみチャージ代が必要)
  • 寄港地観光ツアーも無料
  • クルーへのチップや港湾税なども料金に含まれている(追加料金不要!)
  • アメニティがブルガリを含めて3種類(BVLGARI・sebamed・ORTIGA)
  • バスローブがETRO
  • 枕は9種類から選べる
  • バトラーが好みのアルコールを朝夕1日2回毎日補充してくれる
  • ウイスキーやリキュールも1Lのボトルでサービス
  • レストランだけでなくスイートルームでのフルコースも楽しめる
  • ほぼ全室にバルコニーと大理石のバスタブつき
  • ルームサービスは24時間対応
  • 食事制限対応の食事も可能
サービスが充実!

究極のオールインクルーシブと名乗るにふさわしいサービスの数々!
追加料金を気にせず、シャンパンやワインを楽しめてフルコースも味わえるのは最高ですね。
更に80km以内なら無料ハイヤー送迎が付いているのも、他のラグジュアリー船でも実施していないシルバーシー・クルーズならではのサービス。

シルバー・ミューズの船内紹介

11デッキ


シルバー・ミューズの最上階は11デッキ。
オブザベーションライブラリーがあり、船の先頭からの景色も楽しめます。

10デッキ


1つの下の階10デッキにはプールとジャグジー。
プールサイドにも『ザ・グリル』と呼ばれるレストランがあり、昼はハンバーガーやホットドッグなどが楽しめます。
夜は予約制のレストランとなり、溶岩焼のBBQレストランになるんだとか。
夜のプールサイドでBBQなんて最高ですよね!

9デッキ


9デッキにはパノラマラウンジがあります。
昼はアフタヌーンティーが楽しめて、夜は生演奏でダンスパーティなど。


防音設備もしっかりしているので、お部屋にいて音がうるさいという事も無さそうです。


「TWINKLE」や「AIR MAIL」など、バーのメニューはちょっと変わったカクテルの名前があって面白いですね。

8デッキ


8デッキにはアートカフェ。
文字通りアートを楽しむカフェになっており、彫刻や絵画が飾られています。
朝早くから夜遅くまで営業しており、朝はヨーグルトやスムージーなど比較的ヘルシーなメニューが食べられます。


クルーズは食べ過ぎになりがちなので、アートカフェでデトックス生活をするのもよさそうですね。
食事制限対応の食事も可能なんだとか。
シルバーシー・クルーズは「No」と言わないサービスを提供してくれているので、どんな方でも楽しめます。

8デッキ


8デッキにはカードルームやシガーバーなどもあります。


カードルームでは土曜日に宗教の行事も行われるんだとか。
色んな国籍の方が乗船されるので、宗教にも配慮されていることが分かります。

7デッキ


7デッキには『シルバー・ノート』という、ニューヨークのマンハッタンにあるジャズクラブを模した予約制のレストランがあります。
ジャズを聴きながらお酒を食事を楽しめる、まさに大人の空間。


今回は船内見学終了後、7デッキの『ラ・テラッツァ』のビュッフェをいただきました。


種類豊富のビュッフェで、何よりスイーツの種類がすごいんです。
海外船のスイーツなので甘すぎるのかなぁと思っていたんですが、クオリティも高くてケーキも絶品!


また健康志向の方のためにグルテンフリーのスイーツも用意されています。


本日のパスタはシェフが作ってテーブルまで持ってきてくれるので、出来たてのパスタが楽しめるのも魅力。

7デッキにはカジノもありました。
残念ながら停泊中はカジノがオープンできないので、中の見学は不可。
ルーレット・ブラックジャック・スロットが楽しめるようになっており、利用は18歳から。

6デッキ


6デッキにはフィットネスセンターやスパ施設など。
スパルームがかなりたくさん用意されていたので、利用する方も多いんでしょうね。


アロマの香りが漂いとっても癒される空間でした。

5デッキ


5デッキにはレセプションだけでなくシアターもあります。
大型客船のシアターではないので、シルク・ド・ソレイユやブロードウェイミュージカルなど大掛かりなショーは出来ませんが、最大でも6名ほどの歌をメインとした落ち着いたショーが楽しめます。
基本的にシルバーシー・クルーズはお部屋の居心地が良くお部屋で過ごす方も多いので、ショーに人が大勢集まることは少ないんだとか。
大型客船のショーだと予約が必要なところも多いですが、シルバシー・クルーズではふらっと立ち寄ってショーを見るという感じになるのかもしれませんね。

4デッキ

4デッキには4つのレストランが並んでいます。

  • ラ・ダム(カバーチャージ60ドル必要)
  • カイセキ(カバーチャージ60ドル必要)
  • インドシナ
  • アトランティード


『ラ・ダム』はシルバー・ミューズの中でもかなり人気の夜のみ営業のフレンチレストラン。
シルバー・ミューズのレストラン自体は乗船の半年前から予約ができるのですが、なんと予約開始して1〜2週間で予約が埋まってしまうのだとか!


店内にも高級なワインがずらりと並んでおり、お酒好きには最高の空間だと思います。


『カイセキ』は日本料理が楽しめるレストランで、昼の利用は無料でお寿司などがいただけます。
夜はカバーチャージ60ドルで、和の演出を楽しむ鉄板焼きのお店。


『インドシナ』はアジアン料理や中華・タイ料理などが楽しめるお店で、夜のみの営業。


『アトランティード』はステーキやシーフードを楽しむお店で、こちらは朝から夜まで営業しています。

シルバー・ミューズのお部屋紹介

今回は9デッキの930号室と7デッキの739号室のお部屋を見学させてもらいました。


9デッキの930号室はシルバースイートルームで61㎡+バルコニーが12㎡。
シルバー・ミューズは部屋の中でゆったりとくつろぐ仕様になっており、冷蔵庫の中のドリンクもすべて無料。


アメニティは最初にブルガリが用意されています。


ウォークインクローゼットもかなり広く、たくさん洋服を持っていても安心。


マスクやハンドサニタイザーなどコロナ対策キットもブルガリのバッグに入って用意されています。


お風呂は大理石のバスタブ付き!
乗客は欧米人が多いそうなのですが、日本人からしてもバスタブ付きのお部屋は嬉しいですよね。


バスローブはETRO。
勉強不足でETROがどんなブランドなのか知らなかったのですが、調べたところシャツ1枚で20万円ほどの金額でした。バスローブは販売していなかったので正確な金額は分かりませんが…いったいいくらになるんでしょうか?


739号室はデラックス・ベランダ・スイートルームで30㎡+バルコニー6㎡。
バルコニー付きのお部屋の中では1番スタンダードなお部屋になっています。
1番安くてこの広さがあるなら本当に快適ですよね!


テレビが壁に埋め込まれている仕様になっており、空間を広く保っています。


クルーズ乗船中はバルコニーに出てのんびり潮風に当たるのも好きなので、我が家はバルコニー部屋がお気に入りです。

究極のオールインクルーシブのシルバー・ミューズ


シルバーシー・クルーズは、日本から予約する場合は9ヶ月前から予約可能。
現在は旅行会社経由でしか予約ができず、個人でWEB上で予約するということはできません。
かなり高額になるシルバーシー・クルーズを1番安く予約するには、販売開始と同時も申し込むこと。
また、予約と同時にキャンセルチャージがかかるプランなら25%オフなどのキャンペーンもやっているようです。

コンパクトな船だからこそのきめ細やかなサービスに、すべてバトラーさんが何でもやってくれるというVIP対応。
アクティビティが豊富なクルーズではないので子連れ旅行だとお子さんが退屈してしまうかもしれませんが、大人旅や女子旅などゆったりとしたクルーズを楽しみたいという人におすすめです!

メンバープロフィール

ひなだいふく
「お得に豪華な旅行をする」をモットーに、トキメク旅を追い求める夫婦トラベラー。2019年にハネムーンでオアシスオブザシーズの地中海クルーズに乗ってから、クルーズの魅力に一気にハマりました。その半年後、コスタフォーチュナのシンガポールクルーズに乗船。ブログ・YouTube・Instagramでクルーズの魅力やお得な旅行情報を発信中!「お得旅行の達人」としてテレビ出演も。夫婦ともに元カジノディーラーで、夢はクルーズのカジノで働くこと。世界一周クルーズもいつか叶えたい!

関連記事

  1. 四国の海の玄関口「高松港」〜 高松観光で体験したい5つのこと

  2. 夢と魔法のディズニークルーズに魅了された6つの理由

  3. 初心者におススメ!超大型客船を遊びつくすショートクルーズの魅力

  4. 海外の雰囲気と国内旅行の安心感!両方楽しめるダイヤモンドプリンセスとは

  5. 【はじめてのクルーズ体験レポ】コスタの船内編

  6. 『ヴァージン・ヴォヤージュ』乗船日の流れ