イタリアの生まれのコスタ セレーナで楽しむ陽気で欲張りな女子旅クルーズ

イタリアのクルーズ船「コスタ セレーナ」で、東京発ソウル着の4泊5日のクルーズ旅をしてきました。

カジュアル船に乗るのは初めてだったので、どんな雰囲気なのか想像がつかず少しドキドキしながら乗船しましたが、実際に体験したコスタ セレーナでのクルーズはこれまで乗ったどの船よりも大盛り上がり!船内はまさにイタリアの雰囲気で、本当に楽しい5日間を過ごしてきました。

海外旅行好きの友人と、二人での女子旅はもちろんグループで乗ってワイワイと楽しむのにもピッタリな、コスタ セレーナでの陽気なクルーズ旅行をご紹介します!

イタリア生まれのコスタ セレーナ


コスタ セレーナは、イタリアのクルーズ会社「コスタクルーズ」の12隻目として2017年に就航した、全長約290m、定員3780人の大型クルーズ船です。

船内に入ってすぐに目に飛び込んでくるのは、ゴージャスな装飾!
古代ギリシャ / ローマ神話の神々の家(Home of the Gods)をテーマにデザインされているのだそう。


こんなにインパクトのある内装の船は初めてです…!


コスタ セレーナはカジュアル船なので、いわゆる豪華客船とは少しイメージが異なります。非常に手頃な価格でクルーズできて、ドレスコードも基本は無く、船内はとても気楽な雰囲気。

ベーシックな食事やショーなどは船代に含まれていますが、それ以外の部分は有料サービスが多め。
含まれている部分だけでももちろんクルーズ旅を楽しめつつ、自分に必要なサービスをプラスαでつけて費用を抑えながら自分らしいクルーズ旅を組み立てる、そんな楽しみ方ができる船です。


海外の船なので、日本式の細やかなものとは異なりますが、優しくとてもフレンドリーなサービスで居心地よく過ごせます。

公用語は英語。日本語のわかるクルーの方は少なめですが、船内の施設の看板などには英語だけでなく日本語含めた多言語で併記。
さまざまな国の人が乗ってくることに慣れたクルーばかりなので、英語がカタコトでも伝える努力をすれば大丈夫です!

ド派手な船内に驚きながらあちこち巡っている間に、あっという間に日没が近づいてきました。


夕焼けの中、出航です!

コスタ セレーナのバルコニー付き客室


今回利用したのは、バルコニー付きのキャビン。
一番後ろの船尾部分の客室だったので、なんと船が動き出すとバルコニーから航跡が見られます!


この景色を独り占め。なんというラッキーなお部屋でしょうか。
バルコニーの面積も通常の船側面のバルコニー付きキャビンに比べ、広めになっているようです。2人で踊れそうなぐらい広々。

朝起きて、カーテンを開けた瞬間に目に飛び込んでくるのは、見渡す限りの一面の海に、遠く水平線へと消えていく航跡。


非日常感満載の幸せな1日の始まり。

客室内は14m²で、コンパクトながらゆったりと過ごせる空間に。ツインのベッドに大きなソファーが揃い、2人で大きなスーツケースを広げられる広さも確保されています。


女性2人で泊まると、朝晩は鏡の前を譲り合って使うようになりがちですが、コスタ・セレーナの客室はデスクに大きな鏡が2つ付いているのが嬉しいポイント。


夕方、いつもその日のイベントに合わせたドレスに着替えながら、鏡の前に並んでワイワイと身支度を整えるのはとても楽しい時間です。

クローゼットはロングドレスもかけられる大きさのものが2ヶ所あり、ハンガーもそれぞれ5本程度は用意されているので、ぜひいろいろお気に入りのお洋服を持ち込んでくださいね。


コンセントは鏡の下にあってベッドサイドからは遠いので、ベッドに寝転びながらスマホを弄りたい場合は長めの充電ケーブル等を持っていくのをおすすめします。

バスルームにはシャワーのみで、バスタブは無し。


アメニティは石鹸とシャンプー兼ボディソープのみなので、家からお気に入りのものを一揃い持っていきましょう。
歯ブラシやパジャマも忘れずに。

スパは必見!コスタ セレーナの充実の施設


では早速船内を探検しに向かいます。
船内にマップのようなものは殆ど見当たらないので、ある程度何階のどちら側(船首側か船尾側か)に何があるのかを頭に入れてから行動するのがおすすめです。

階によっては船首側から船尾側に通り抜けできず、間違って降りると他の階に一端上がってから行かなければなりません。なお、マップはコスタ セレーナの公式アプリから見られるので、そちらをご活用を。

船内にある施設は、ショーやスポーツ用のさまざまなアクティビティ施設、コスメやブランド品のショップ、そして外国船ならではのお楽しみであるカジノなど…。


滞在中は遊ぶのに忙しくて気がつかなかったのですが、F1シュミレーターや4Dシアターまであったのだそう。

その他にも卓球、バスケットボールのコート、レトロなサッカーボードゲームなど、とにかく遊び尽くせないほどの充実した施設でとても全ては書ききれないので、毎日のように利用したものをピックアップしてご紹介します。

プール


クルーズで最も楽しみなものといえば、何と言ってもプールです!コスタ セレーナにはプールが3箇所にあります。
最上階である11階のデッキにあるプール「Lido Iris」は、ウォータースライダー付き。少し高くなったところにジャグジーもあって見晴らしも抜群。

デッキ9の中央部分にある「Lido Sole」は、屋根が開閉式の、全天候型の屋内プールです。


夜には目の前の大型スクリーンで映画を流しているので、プールサイドでお茶をしながら映画鑑賞するのもおすすめ。


そして私の一押しが、船尾側にあるプール「Lido Urano」 。
3面が窓に覆われ、天井も空を見上げられる状態になっており、あたり一面に陽光が降り注いでとても爽やかな雰囲気。


プルーにイエローカラーが効いていて、まるでヨーロッパのホテルのプールのようでとても可愛いです。
ここにも温水のジャグジーが2つあります。

エンターテイメント施設


毎晩ディナー後に必ず向かったのは、座席数1,350席の巨大なシアター。カサノバを題材にしたショーや、アクロバティックなものなど、日替わりでいろいろなショーが行われます。


ボールルームやディスコもありました。


ディスコの椅子は唇の形をしていて可愛いので、踊らない人も要チェック。

レストラン


コスタ セレーナには多彩なレストランが揃います。その中で、クルーズの代金に含まれているのがメインダイニングとビュッフェレストラン。

メインダイニングは「セレス」と「ベスタ」の2ヶ所。2つのレストランは中央で繋がっていて、どちらでも同じメニューが食べられます。


夕食の時間帯は決まっており、今回の座席はオープンシーティング。ドリンクは有料です。

ビュッフェレストラン「プロメテオ」には、イタリアンを中心とした洋食に、和食、中華まで、いろいろなメニューが揃います。
ドリンクはコーヒーや水などは無料。朝、昼、晩と開いていますが、24時間オープンではないのでご注意ください。


レストラン内で食べてもいいし、すぐ隣のプールサイドのテーブルに持って行っても良し。


クルーズ代に含まれるレストランだけで楽しむのもいいですが、ぜひ有料のレストランも利用してみてください。


有料レストランは、ミシュラン三つ星を獲得したシェフ監修の本格イタリアンが楽しめる「リストランテ カサノバ」(カバーチャージが必要)、プールサイドのハンバーガーショップ、カフェ、そして至るところにあるバーなど。ほとんどがディナータイムにオープンします。


私の一押しは、昼から夜にかけてオープンするジェラテリア アマリリオ。
さすがイタリア船、ジェラートがおいしいです!


5日間の滞在中、ジェラート2回、そしてヌテラ入りのクレープにジェラートを挟んでもらったスイーツ、合計3回も利用しました。


どのレストランもカウンターやテーブルにQRコードが置かれており、そこからメニューを読み込みます。


スマホは常に充電して持ち歩いてくださいね。

スパ ソレミヨ


そして、有料ですがぜひおすすめしたいのがスパゾーン。2階層、6,000㎡以上の広さを誇るスパ ソレミヨは、この船の目玉です。

海水を利用したタラソテラピープールをはじめ、何種類ものサウナ(ミストサウナ、ドライ、テピダリウム)、リラクゼーションルームなど、癒しのゾーンが使い放題。


さらに別料金で、ヘッドスパやフェイス、ボディのトリートメントも受けられます。実際に利用した感想は記事の後半にて。


人で賑わうデッキを横目に、この大人のオアシスは静かに過ごせ、ジャグジーもほぼ貸切状態。
大人の癒しの時間を過ごしたくなったら、ぜひどうぞ。

コスタ セレーナでの女子旅的過ごし方


さて、では実際にコスタ セレーナで過ごした洋上の日々はどんなものだったのかをご紹介。

クルーズ代金に含まれているサービスに加えて、私が利用した有料サービスは、Wi-Fiのソーシャルパッケージ(Instagramなど特定のSNSだけ利用できるプラン、インターネットやメールは不可)、マイドリンクパッケージ(一部のアルコール含む)、寄港地の鹿児島での観光ツアー、そしてスパ ソレミヨの入場料とボディートリートメントです。

自分の理想のクルーズライフを考えて、有料サービスを追加しながら楽しむのがおすすめですよ。

フォトジェニックな日中の過ごし方


朝は、まだ暗いうちに起きだし、東の方角を探し最上階のデッキへ。360°見渡す限りの海に囲まれ、登ってくる朝日を待ちます。

朝日の時間が近づくに連れチラホラと人が集まり、やがて水平線から一筋の光の道が。


何度クルーズに乗っても感動する、一番大好きな瞬間。

最高の1日の始まりで目覚めたら、朝食を食べながらこの日のスケジュールを気の向くままに決めましょう。


朝食はビュッフェレストランとメインダイニング、両方で食べられますが、私たちが乗った時はメインダイニングもビュッフェ形式になっており、どちらも似たようなメニューを提供。

ただビュッフェレストランの方が少し品数が多い印象だったので、ほとんどビュッフェの方で食べていました。

晴れた日に、真っ先に向かったのがプールです。


マイドリンクパッケージを申し込んでいたので、いろいろなカクテルやモクテルも飲み放題。


片っ端からノンアルコールカクテルを試した結果、お気に入りはモヒート・ゼロ!
降り注ぐ陽光に照らされた暑いプールサイドでは、ミントのきいたモヒートがとても爽やかです。

デッキチェアでゴロゴロしたり、ジャグジーに入ったりしてひたすら気ままに過ごします。


コスタ セレーナの内装は派手なところが多いですが、屋上デッキや9階のプールのあるあたりは、木製の装飾で可愛いレトロなイメージ。

いわゆる映え写真などもたくさん撮影できるエリアなので、写真好きの人は晴れたらデッキ部分をいろいろ探検してみてください。


どこにも寄港しない終日航海日には、スパ ソレミヨを申し込みました。
段々と混雑してくる船のプールから逃れ、スパゾーンへ移動しゆったりと癒しの時間を満喫。


タラソテラピープールや、何種類ものサウナに出たり入ったり、喉が乾いたらスパのラウンジでリラックスしたり。


この日は、スパ ソレミヨに申し込んだ人に無料のフェイシャルトリートメント体験があったのですが、私はさらにボディのホットストーンマッサージも申し込んでしまいました。

カウンセリングは英語で行われます。聞かれることは、特に疲れが気になるところや肌の敏感度、アレルギーの有無など。


施術にはエレミスのプロダクトを使用。船に揺られながら受けるトリートメントは至福の時間です。

日本の陸地から遠く離れた終日航海日には、カジノも一日中オープン。


日本ではできない体験なので…と思いつつ小心者の私は、10ドルだけと決めてスロットマシーンへいざ、出陣!結果19ドルに増やしました。

一方、どこかの港に寄港する日には、船を下りて観光へ。取材時は鹿児島に寄港し、仙巌園のツアーに参加しました。


生憎の雨でしたが、バスで連れて行ってくれるため濡れずに楽々。やはり船で申し込むツアーは便利で良いですね。鹿児島の文化体験ができるコーナーもあり、私は念願の弓道体験を。なんと見事的の真ん中に命中!

ここからが本番!コスタ セレーナ的夜の過ごし方

さて夕方になったら、ディナー前に洋服を着替えます。

船内では厳格なドレスコードはありませんが、毎晩のようにテーマが設定されています。
義務ではないので着替えなくても大丈夫。ですがせっかくなのでテーマにのった方が、船での夜をもっと楽しめておすすめです。

例えばある日のドレスコードのテーマは、赤、白、緑のイタリアンカラー。


ある日は、グラマラスカラフル。


そしてゴールドの日も。私はゴールドの服は持っていなかったので、ピンクサテンでシャンパンゴールドっぽく見えなくもないドレスに、ゴールドのバングルをつけました。


着替えて向かうは、まずはディナーです。
日によってはディナー中にクルーのダンスパフォーマンスが始まることも!コスタ セレーナのクルーは、びっくりするぐらい皆芸達者で盛り上げ上手です。


コンサート会場かと思うぐらいに、クルーもゲストもスタンディングで盛り上がり、大歓声と割れんばかりの拍手が。

最終日にはゲストを巻き込んだダンスまで。どの会社のクルーズも、特に最終日の夜などは特別なイベント付きの楽しいディナーになりますが、これほどまでに大盛り上がりのイベントは初めてです。

もう夜こそが、コスタ セレーナでの洋上ライフの本番。シアターでのプロのショーはもちろんのこと、船のクルーが非常に盛り上げ上手なのであちこちで行われるイベントが非常に楽しいのです。
完全に外国のノリで、ノッたもの勝ち。絶対に毎晩参加してくださいね。

ベネチアンがテーマの夜には、バーの前の会場でなんと仮面が配られダンスパーティが。


仮面をつける機会なんて、人生でそうそうありませんね?
私はこういう夜があることを知っていたので、家に眠っていたmy仮面を持参しました。まさかこの仮面を使う日がくるとは…!

アトリウムのエレベーターがステージになった日もありました。


毎晩日付を超えてしまうくらい深夜まではしゃぎ回り、毎日寝不足状態。こんなに遊び回ったクルーズは初めてです。
ぜひ、気のおけない友人達と乗って思う存分楽しんでください!

最終日には、下船地のソウルへ到着。外国船は、国内発のコースでも必ず1ヶ所は海外の港に寄ってくれるのが嬉しいですよね。


イタリア生まれのクルーズ船だけあって船の中の雰囲気はもうイタリア。クルーもゲストも外国人が多く、日本発ながら完全に外国旅行の気分でした。

円安物価高で海外(特にヨーロッパ)に行きづらくなったこのご時世に、イタリアの雰囲気とアジアの都市と、海の上の非日常をいっぺんに堪能し、下船。とても楽しい5日間の船旅でした。

コスタ セレーナで思い出に残る楽しい女子旅を!


リーズナブルな価格でイタリアの雰囲気もアジア旅行も楽しめる、コスタセレーナでの欲張りなクルーズ旅。心から笑いはしゃぎ合った、思い出に残る瞬間が盛りだくさんの旅でした。

豪華客船での優雅なクルーズももちろん素敵ですが、優雅でラグジュアリーな非日常ではなく、海の上という非日常世界に思い立ったらすぐ飛び込め気軽に楽しめる、そんなところもコスタセレーナの魅力です。

クルーズ旅行だからといって身構える必要はありません。ぜひコスタセレーナに乗って、気の置けない旅好きのノリの良い友人と、この陽気な船の旅を楽しんできてください!

取材協力:コスタクルーズ

メンバープロフィール

mugi
mugi
大人女性向けの旅とウェルネスをテーマにしたフォトグラファー&トラベルライター。上質な時間を感じさせながらもSNSに親和性のあるフォトジェニックな写真が持ち味で、様々なホテルの公式SNS、HP用写真撮影を請け負っています。またライターとして旅雑誌やメディアに寄稿しつつ、女子旅メディアの編集部としても活動。自身のSNSやブログでは、自然の中でのリトリートやクラシックホテルでのおこもりステイなど、大人女性向けに国内外の上質な旅を発信しています。
初めてのクルーズは父娘旅。いつか南極クルーズに行くのが夢。
portfolioはこちら

関連記事

  1. 【子連れクルーズ】世界80か国を旅するトラベルライター目線!シンガポール発着4泊5日 ロイヤルカリビアン

  2. 船旅で規定外の体験を★ロイヤルカリビアンをお勧めする3つの理由

  3. 究極のオールインクルーシブ!ラグジュアリーな空間のシルバー・ミューズの船内見学

  4. 四国の海の玄関口「高松港」〜 高松観光で体験したい5つのこと

  5. 【初めてのクルーズ旅】ロイヤルカリビアン シンガポール発着ショートクルーズ

  6. 飛鳥Ⅱで子連れ旅・洋上で過ごす特別な休日

カテゴリー

  1. クルーズ愛好者からの評価が高い美食客船「ノルウェ…

  2. コスパ抜群!コスタセレーナで航くショートクルーズ

  3. 【船内見学会レポ】ノルウェージャン スピリット / …

  4. イタリアの生まれのコスタ セレーナで楽しむ陽気で欲…

  5. 【子連れクルーズ】コスパ抜群!! 日本発 コスタクル…

  1. コロナ禍でどう進化した?ダイヤモンド・プリンセス

  2. クロワジー・ヨーロッパ プロバンスを堪能するローヌ…

  3. 私の推し航路「エーゲ海クルーズ」

  4. 『世界で最も美しい船旅』フッティルーテン・沿岸急…

  5. 南フランスを徹底的に楽しむリバークルーズ(紹介編)