【参加費無料】セレブリティ・ミレニアム 船内見学会レポ

新型コロナウイルスのパンデミックが収束し、日本発着クルーズが再開した2023年。
そして2024年には、より多くの船会社が日本発着コースの実施を予定しています。

通常クルーズ船は乗客以外は船内に入ることはできませんが、不定期で船会社が船内見学会を開催しています。
クルーズ船の寄港中に、約3〜4時間、船会社の方のアテンドのもと船内のいろんな施設を説明とともに見学できるというものです。

旅行代理店や業界関係者を対象にすることがほとんどですが、先日セレブリティ・ミレニアムの船内見学会が、一般の方向けに(メルマガ登録者などから抽選で)開催されました。そんな船内見学会の1日をレポートしたいと思います。

セレブリティ・ミレニアム 横浜 船内見学会

2024年4月9日午前10時頃、事前に申し込み者が横浜港大桟橋ターミナルビルに集合しました。
当日は生憎の豪雨でしたが、非日常感溢れる船内では悪天候も時間も忘れて楽しむことができました。


順番に船内へと移動し、全員揃ったところで中央の吹き抜け階段にて船会社の方やクルーの方から挨拶がありました。


その後は2組に分かれて約2時間半、船内を案内してもらいました。

最初に見学したのは、スペシャリティダイニング『クイジーヌ』。食事とともに映像によるエンターテイメントも楽しめるレストランです。


テーブルに映し出される映像では、目の前のお皿の上で小さなシェフが料理を完成させていきます。
この日は実際の映像演出の一部を見学させてもらいました。

次に向かったのはビュッフェです。


実際に提供されている美味しそうな料理がたくさん並んでいました。


大量の小麦を積み込み、たくさんのパンを船内で焼いているそう。

広いガラス張りに、ゆったりくつろげそうなテーブルセットの素敵な空間でした。


アイスクリームやいろんなデザートも美味しそう!


そしてプールがある10階へ。
屋内プールも壁天井がガラス張りで外にいるような開放感でした。


プールサイドは洋上のリゾートを感じられて、個人的に船内で一番好きな場所です。


続いて美容サロンを見学しました。
美容院とネイルサロンが併設されていて、ここも広いガラス張りでした。


こんな素晴らしい景色を見ながら施術を受けられるなんて至福の時間ですね。

そしてもちろん船内にはジムもあります。


ジムはだれでも無料で利用できて、ヨガなどの有料プログラムも用意されているそうです。

11階にある広々とした展望ラウンジ。


寄港地への到着前はここで流れゆく景色を眺めながら過ごすのがおすすめだそう。想像するだけで最高の時間ですね。


ショーが行われるシアターは、円形の三層吹き抜けのつくりが印象的でした。


寄港中のため営業はしていませんでしたが、免税価格でお買い物できるたくさんのショップがありました。

船内ですぐに使えそうなビーチグッズから時計やアクセサリーなど高価なものまでそろっています。なかにはヴィンテージ品もあるそうですよ。


そして有料の日本食レストラン『スシ・オン・ファイブ』の見学。お寿司や天ぷら、ラーメンなどが1品10ドル前後です。


カリフォルニアロールやロブスターラーメンなど洋食風の創作和食メニューも興味を惹かれました。

ここはアクアクラス、いわゆるスイート客室専用のダイニングです。


青色でコーディネートされた空間が素敵でした。


その後バーやカジノ、アートギャラリーなどを通り抜け見学会は終了です。

メインダイニングでのランチを体験♪

船内見学終了後、メインダイニングでワインとともに、3コースランチをいただきました。
広くて天井の高い解放感ある空間で、約1時間半の優雅なランチタイムでした。


この日のメニューは、前菜はかぼちゃスープまたはシーザーサラダからひとつ。メインは4種類から選択できます。


ローストサーモン、ショートリブの煮込み、グリルチキン、パスタで、私は悩みに悩んでサーモンをいただきました!
最後にデザートは、チョコレートケーキまたはアップルパイから好みのものを。


ワインは赤または白、お酒の飲めない人にはジュースの用意もありました。

船内見学会で必ず食事が提供されるわけではありませんが、今回は食事とアルコールの提供が事前に知らされていて公共交通機関の利用をすすめる事前案内がありました。

クルーズ 船内見学会での注意点

船内見学会に参加するにあたり、クルーズ船ならではの注意点がいくつかあります。


まず外国船の場合、船内は外国扱いなので身分証明書として必ずパスポートが必要です。
今回はめずらしいケースで、情報を事前登録することでパスポートの代わりに当日のみ有効な乗下船時に利用するバーコードを発行してもらえました。

そしてセキュリティ上の理由で、船内では必ずアテンドのもと団体行動です。個々で自由に見学できるわけではありません。そのため、途中参加や途中離団もできないので注意が必要です。

先ほどの説明の通り、船内は外国扱いのため検疫や税関の関係上、船内の食べ物等を持ち出すことはできません。
食事提供があった場合には、船内で食べ切るようにしましょう。

2024年は合計18コースの日本発着クルーズを運航

ロイヤルカリビアンの姉妹ブランド、セレブリティクルーズは、全16隻の客船を保有する国際クルーズブランドです。

ミシュラン3つ星を獲得したシェフが監修する数々の美食、世界的に有名なインテリアデザイナーが設計する寛ぎの客室、あたたかみのあるパーソナルなサービスに定評があり、Travel Weekly Readers Choice Awardsでは15年連続「ベスト・プレミアムクルーズライン」を受賞、世界で初めて5つ星の格付けを導入した「フォーブストラベルガイド」から、2023年にクルーズ史上初となる4つ星を獲得するなど、世界中から高い評価を得ているそうです。


船内はシックで落ち着いて、ガラス張りや白色が多く取り入れられているため明るくて解放感ある印象を受けました。

船内見学会に参加すると船の雰囲気や特徴を知ることができるので、クルーズ未経験者さんにもクルーズ旅リピーターさんの次の旅選びにもおすすめです。
一般の方向けに開催されることは稀ですが、無料で参加できるので次回チャンスがあった際には応募してみてはいかがでしょうか。


セレブリティ・ミレニアムは2024年には合計18コースの日本発着クルーズを運航いたします。

セレブリティクルーズは欧米での人気が高く、乗船客の割合は日本人は少なめです。そのため、気軽な日本発着クルーズでありながら海外旅行気分を味わいたい人にはぴったりです。

皆さんもぜひセレブリティクルーズが誇る9万トンクラスのフラッグシップをチェックしてみてくださいね♪

取材協力:セレブリティ・クルーズ

メンバープロフィール

Miho
Miho
私は昔から海外が大好きでプライベートの旅行や旅行関係のお仕事でいろいろな国を旅してきました。2年ほど前に初めてクルーズ旅行を経験し、初めて船内に入った時の感動と新しい世界を知った衝撃は今でも忘れられません。
乗船するたびにクルーズがますます大好きになり、新しい旅の選択肢が増えたことは私の旅行人生においてすごく喜ばしいことです。このクルーズの素晴らしさを多くの人に伝えたいです!

関連記事

  1. 飛鳥Ⅱではじめてのクルーズ旅

  2. 日本にいながら!飛鳥IIでとっておきのクリスマスを

  3. 神戸に初寄港のスーパーラグジュアリー船「リージェント・セブンシーズ・エクスプローラー」を見学!

  4. セレブリティソルスティスで巡る南太平洋の島々~船内の紹介~

  5. クルーズ会社のエクスカーションに参加する

    【クルーズ寄港地 / 高松】滞在10時間を大満喫!おすすめモデルコース

  6. コスパ抜群!コスタセレーナで航くショートクルーズ

カテゴリー

  1. クルーズ愛好者からの評価が高い美食客船「ノルウェ…

  2. コスパ抜群!コスタセレーナで航くショートクルーズ

  3. 【船内見学会レポ】ノルウェージャン スピリット / …

  4. イタリアの生まれのコスタ セレーナで楽しむ陽気で欲…

  5. 【子連れクルーズ】コスパ抜群!! 日本発 コスタクル…

  1. コロナ禍でどう進化した?ダイヤモンド・プリンセス

  2. クロワジー・ヨーロッパ プロバンスを堪能するローヌ…

  3. 私の推し航路「エーゲ海クルーズ」

  4. 『世界で最も美しい船旅』フッティルーテン・沿岸急…

  5. 南フランスを徹底的に楽しむリバークルーズ(紹介編)