【おとな女子旅・メダリオン・クラスを徹底解剖】写真で詳しく魅せます!「ダイヤモンド・プリンセス」

皆さん、はじめまして。
年に一度は夫婦で海外クルーズ旅行を楽しむ izumin です。
“ 色彩豊かな魅せるカラフル旅 ”を人生のテーマとし、ラグジュアリーな船旅を好んでいます。

2023年6月下旬、プリンセス・クルーズの日本発着クルーズ、ダイヤモンド・プリンセスで“おとな女子旅・クルーズ旅行”を楽しんできました。
皆さん、ダイヤモンド・プリンセスの名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

那覇クルーズターミナルにて撮影したダイヤモンド・プリンセス

私にとってのプリンセス・クルーズといえば、過去にロイヤルクラスの新造船での取材経験が複数あります。
カリブ海、バルト海、エーゲ海、地中海をそれぞれ14万トンクラスの最大客船で優雅に巡り、さまざまな感動を得たことがきっかけで、夫婦のプライベートハネムーン旅行でも、プリンセス・クルーズのリーガル・プリンセスによるバルト海クルーズを選びました。

2020年以降、ご無沙汰していたプリンセス・クルーズとの関わりですが、久しぶりにダイヤモンド・プリンセスへ舞い戻ることが出来るとは!

この数年で新たに導入されたサービスなどもあるので、現在のダイヤモンド・プリンセスの情報を、リピーター目線もプラスしつつ、写真いっぱいでお届けしていきます。

最先端のサービス機能!アップグレードされた「メダリオン・クラス」とは?

ダイヤモンド・プリンセスに新導入された、先進的な最新テクノロジー「メダリオン・クラス」とは一体?
私が今回のクルーズ旅で最も気になっていたのが、この「メダリオン・クラス」のサービスなのです。

メダリオンにまつわるカタカナ名称のサービスが複数存在することから、初めての方は、名称覚えの段階から少し混乱してしまうかも?
なので、誰にでも分かりやすくシンプルにまとめると↓

【コインサイズのウェアラブルデバイス「メダリオン」と専用アプリ「メダリオン・クラス」が連携することで、船内での様々なサービスが非接触で可能となり、予約や注文も専用アプリ経由で簡単に出来たり、同行者の位置情報が分かったりなど、とにかくたくさん便利だよ!】

ということです。

では、ゲストの私たちは最初に何をすれば良いのか?
乗船前に予め、ご自身のスマートフォンに専用アプリ「メダリオン・クラス」をダウンロードし、乗船手続きに必要な基本情報を登録することから始まります。

ちなみにこの作業をせずとも、乗船自体は可能。
詳しくは、公式ページにてご確認ください。
(この初期作業、ガジェット系が慣れている私でもアプリ自体の鈍さで少々時間がかかったので、余裕のあるタイミングでのんびりと設定されるのをおすすめします)

専用アプリ「メダリオン・クラス」で個人情報の初期設定さえ終われば、便利で快適なサービスへの扉が開いたのも同然。
初期段階で日本語の言語設定もしておくことで、その後の操作も分かりやすくなります。
アプリ内のメニューは、サービスごとにいくつかカテゴライズされていますが、その中でも私が船内で何度も使ったサービスをこれより紹介しますね。

【「メダリオン・クラス」便利その①】食事や飲み物を、船内のどこへでも直接届けてくれる!

プールサイドやお気に入りの場所でゆったり寛いでいる時に、急に何かを食べたり飲んだりしたくなる。
そんな経験はありませんか?プール好きの私は、あるあるなのですが(笑)
「水着だし、動きたくないし、レストランにまで行くのが面倒だな~」なんてことがよくあります。

そんな時は、専用アプリ「メダリオン・クラス」内にある、オーシャン・ナウのダイン・マイウェイより、デリバリーサービスを利用しましょう。(※プランにより一部有料)

言葉で説明するより、写真を見ても貰うのが一番。
【さまざまなメニューから好きな料理やドリンクを選び、注文】すると、船内のどこへでも出来たてを直接届けてくれるのです。

オーダー出来る料理は、想像していたよりも豊富で、ハンバーガー、サンドウィッチ、タコス、ピッツァ、サラダ、フルーツ、スイーツなど。
しかも無料の料理が、想像していたよりもたくさんあることにびっくり。

ほんのごく一部、ステーキ・ハウスの有料メニューもありましたが、選べるカジュアル・フードの多彩なバラエティーに驚きました。
(アルコールを含むコーヒーなどの飲料は有料ですが、それは船内の通常レストランと同じ仕組みですね!)

たかがデリバリーサービス、されどデリバリーサービス。
未だクルーズ旅の経験がない方には、ピンとこないかも知れません。
しかしながら、船上で一度体験してしまうと……この便利さにハマってしまうはず。

私たちは朝食ブッフェの混み合う時間(ラジオ体操が行われている時間帯)にデリバリーサービスを活用したりもしたよ

例えば、寄港地から夕方頃に船内へ帰ってきて、レストラン以外のところでのんびり過ごしつつ、食事をデリバリー出来ちゃう!
他には、客室内でいろいろ準備中にも、スマホ片手に専用アプリからデリバリーしてみても便利ですよね。

シンプルなようでいて、時間も有効活用出来るし、何より自分の居心地の良いお気に入りの場所で、ゆったりと食事をすることが出来て最高なのです。

【「メダリオン・クラス」便利その②】メダリオンは客室のスマートキーでもあるよ

それでは、なぜ自分のいる場所へ的確にデリバリーをしてくれるのか?
その答えが、直径約3cmの小さな「メダリオン」に隠されているのです。

「メダリオン」は、お客様の位置情報を利用したサービスの提供や優れたタッチレス機能を搭載。
一人あたり必ず一個提供される理由の一つとして、従来のクルーズカードと同様の機能を持ち合わせた、客室のスマートキーでもあります。

「メダリオン」を装着した状態で自分の客室に近づけば、センサーが本人確認情報を読み取り、ドアを自動解錠してくれる!
地味なようでいて、ものすごく便利。一見派手ではない機能に思われるかもですが、船上で体験すれば利便性を分かって貰えるはずです。
ちなみに、客室ドア横のディスプレイでは、専用アプリ内で登録したプロフィール写真も表示されますよ。
朝食後、夕食前、就寝前と1日3度ほどはルームスチュワートが掃除やベッドメイキングをしてくれるので、「Privacy please」や「Service stateroom」のボタンをタッチして、使い分けてみても◎

【「メダリオン・クラス」便利その③】家族や友人の位置情報も確認出来る

船内で同行者の家族や友人と過ごしていくうちに、行動を共にすることもあれば、それぞれ別行動で楽しむこともありますよね。
居場所を告げておかなくても、専用アプリ内のオーシャン・コンパスさえチェックすれば、相手が船内のどこにいるかが分かります。

その為には、同行している家族や友人を専用アプリ内で紐付けて登録しておく必要だけはありますが、乗船して始めに一度設定しておくと便利です。

例えば、「自分がいる居場所の名称が分からない……」そんな時も、どの場所にいるかを相手に把握して貰えるので、伝達のわずらわしさから開放されます。

【「メダリオン・クラス」便利その④】活用方法は他にもたくさん

ウェアラブルデバイス「メダリオン」と専用アプリ「メダリオン・クラス」の便利なサービスは他にもたくさん!

  • 専用アプリ内のダイン・マイウェイからクルーズ中のダイニングの予約やオプション設定が可能
  • これまで集団で行っていた緊急避難訓練も、専用アプリや客室のTVから動画を視聴し、出航前の指定時間前にマスターステーション(避難場所)で各々チェック
  • タッチレス決済で出来る、船内でお買い物や乗下船のチェック
  • 船内ディスプレイで、密集を避けた、船内プログラムの確認やインタラクティブ・ゲームが出来る

あなただけの楽しくて便利な使い方を、船内で探してみてはいかがでしょうか。

また、「メダリオン」には最初からストラップは付属しているものの、ネックレスやウォッチ型ベルトなどの別売りアクセサリーを購入し、より便利でお洒落な装いで身につけるのも素敵ですよ。

海洋プラスチックごみを再利用したアクセサリーなど、プロムナード・デッキ7の後方「オーシャン・フロント」にて販売(8ドル~54ドル)

最後に(本記事のまとめ)

「メダリオン・クラス」を徹底解剖した記事はいかがでしたでしょうか?
最後にプリンセス・クルーズの海外発着クルーズ客船に乗船したのが2018年の春、そして10年ぶりのダイヤモンド・プリンセスでは、より便利で快適なサービスが加わったことで、本当に過ごしやすく、目一杯楽しみ尽くせたのが、一番記憶に残っています。

個人的には、船内のインターネット環境がすこぶる良くなっているー!さすが、洋上最速クラスのWi-Fiサービス!!
というのが、かなり嬉しいポイントでもありました。
(7年前はこんなにもスピーディーではなくて、もうちょっと不便だった?ような記憶が)

SNS更新は特段問題もなく(たまにインスタのリール読み込みが遅い程度かな?)、日ごろから利用しているネットショッピングサイトの利用、別旅行でのホテルのオンライン予約、Googleマップでお店を調べるなどなど、いろんなWEBサイトの閲覧や検索もスルスル~。
どれだけ使いやすかったかを表す証拠として、船内でもInstagramのストーリーズをバンバン投稿していました(ハイライトに残しているから、ぜひチェックして見てね♪)

色んなことが心に刻まれた、ダイヤモンド・プリンセスのクルーズ旅。
今回は、ちょっとした新しい発見もあったんです。

毎日、早朝4時~5時には起きて、船内や屋外デッキを散策していたのですが、ゲストが活動していない時間帯に、至るところで大がかりな掃除が行われていました。

朝一番に必ずプールとジャグジーのある屋外デッキに行くと、必ず床が濡れていたことから「寝ている間に雨が降ったのかな?」と思っていたのですが、実はそうではなかったのですね。

Instagramのストーリーズでも少しシェアしましたが、ゲストが清潔で快適に過ごせるよう、私たちの見えないところで様々な仕事をしてくれているクルーが大勢いることも改めて思い知りました。

縁の下の力持ちのクルーたちにも、たくさんの感謝……!

後篇の記事では、私のお気に入りのスポットやサービス、料理、客室での過ごし方、お役立ち情報を紹介するのでお楽しみに。
後篇記事▶︎【おとな女子旅・リピーター目線でたっぷりまとめました】写真で詳しく魅せます!「ダイヤモンド・プリンセス」

※掲載写真や文書の無断転載・引用はお断りします

取材協力:プリンセス・クルーズ

メンバープロフィール

izumin
izumin
《 年に一度は、夫婦で海外クルーズ旅行 》 がモットー。バルト海クルーズ船上中、船内チャペルにて挙式。
夫婦で旅好き、夫は総合旅行業務取扱管理者、世界遺産検定1級保持者です。
海外クルーズ取材では、バルト海、地中海、エーゲ海、カリブ海を経験。

20年以上前より個人ウェブサイトやブログを手掛け、現在はライターとして媒体への寄稿掲載を担う傍ら、日本のメディアを代表するブロガー、SNSインフルエンサーとして活躍。
“ 色彩豊かな魅せるカラフル旅 ”が人生のテーマ。音大ピアノ科卒という経歴から、得意とするのはヨーロッパ圏。

10年以上前より各国政府観光局及び航空会社をはじめ様々な国内外大手企業とのタイアップ企画へ数多く参加、受賞経歴も多数有り。

関連記事

  1. 自由人・高橋歩 × 心が通じ合うクルーズ旅

  2. 私がクルーズ旅のトリコになってしまった理由 

  3. 初めてのクルーズ旅、どこへ行く?私がアジアをおすすめする理由

  4. 杉浦仁志エグゼクティブシェフ × クルーズ

  5. 忖度なし!船旅好きが感じたクルーズ旅行のデメリット?!

  6. LOVETABI 代表 Remiさん x クルーズ旅の寄港地 / 高松