私、姫にでもなったのかしら?ダイヤモンド・プリンセス9日間の船旅 


こんにちは!旅インスタグラマー・モデルのほりいです!

ほりい、人生2回目の船旅は、2023年6月21日〜29日、横浜港から出発し、那覇、石垣、基隆(台灣)を寄港して、再び横浜港に戻るという旅程のダイヤモンド・プリンセス 8泊9日の船旅!

下手したら、私がプライベートで、陸上で泊まるホテルより広いお部屋で、夢のような快適9日間の船旅をしてきました!

正直、乗船する前は、8泊9日の船旅のうち、寄港地は3日だけ、それ以外は全部船上。
飽きない?がっつりリモート仕事しよう!…くらいに思っていたのですが、全然、むしろ時間が足りないくらいです。

船内Wi-Fiも追加でき、9日間、ネット環境も良好でしたが、個人的には仕事を片付けてから乗船することを強くオススメします!笑
それくらい船内が充実しているのです!

そんな、ダイヤモンド・プリンセスについて、普段はバックパッカー旅など、泥臭い感じの旅をしている私視点でお伝えできたらと思います!

船内のお部屋はどんな感じ?

冒頭でも申し上げた通り、今回泊まったお部屋は、下手したら、私がプライベートで、陸上で泊まるホテルより広いお部屋でした。笑

船内には全部で5タイプのお部屋がありますが、今回私が泊まったのは、海側バルコニーのお部屋で、約22〜29㎡。ベッドは、ダブルかツインに対応しています。

9日間のうち、3日間が寄港地観光で、それ以外は船内生活となり、同時に私はリモート仕事もしていた関係で、お部屋で過ごす時も多く、室内が広く快適・機能的で最高!デスクもあるので、リモート作業にももってこい。

バルコニーに出ると海を眺められるので、すぐ気分転換!海を独り占め!
お部屋にはトイレとシャワールームも設置されています。

ダイヤモンド・プリンセス船内では、メダリオンというメダルでお部屋の施錠をすることができ、乗船時にスマホにダウンロードするメダリオン・アプリで、朝食、軽食、ピザなどのルームサービスメニューを注文することが可能。(※プランにより一部有料)

各客室ごとにスチュワードさんがいて、ベットメイキング、お掃除は1日2回、困ったことがあればすぐ対応してくれて、至れり尽くせりでした。
最終日、お別れするのが本当に寂しかったです。

船内は結構乾燥しているので、
・パック(1日2枚分くらい笑。お風呂後と朝と笑)
・のど飴
を持っていって助かりました。

また、シャワールームにリンスインシャンプーはついているものの、合体型のリンスインシャンプーなので、私は普段使い慣れた、シャンプーとリンスを持参。タオルも、バスタオルとフェイスタオルの2種類があって毎日変えてもらえます。
陸上のホテル並みにアメニティが充実しているのが嬉しい!

客室のアメニティ
☑︎湯沸かし器
☑︎タオル(バスタオル,フェイスタオル)
☑︎バスローブ
☑︎クローゼット
☑︎スリッパ
☑︎電話
☑︎ミニ冷蔵庫
☑︎テレビ
☑︎ヘアドライヤー
☑︎リンスインシャンプー
☑︎シャワージェル
☑︎ボディーローション
☑︎ハンドソープ

船内生活ってどんな感じ?

そもそも私は今まで、船旅=船が観光地へ連れて行ってくれるもの。だと思っていたのですが、今回、乗船して【船旅=船上生活自体を楽しむもの。観光地が最大の目的ではない!】…という認識なんだなと。個人的意見ですが、思った訳です。

勿論、船のジャンルにもよりますが。
特に前回乗った船が、アドベンチャー系で寄港地観光メインのフッティルーテンだったから余計そう感じたのかもしれません。

それくらい、船内が充実していて楽しいですし、プログラムのジャンルも多種多様なので、船内で『アクティブに過ごす』『ゆっくり過ごす』をその日その時の気分に合わせて選べるのが魅力の一つだと思いました。

ですので、女子旅、カップル旅、子連れ旅、家族旅、3世代旅、シニア旅・・・etc
様々なパターンで楽しめると感じました。

個人的には、舞台が大好きな人間ですので、毎日、ショーを見れるという環境にも大満足!
内容も、歌、ダンス、マジック、バイオリン、ジャグリング…とバラエティに富んでいて、毎日見に行っても飽きない!

非日常空間という意味でいえば、日本ではあまり馴染みがない、ドレスアップをしてのフォーマルDayがあるということ!今回は2回あり、普段だと正装する機会なんて結婚式くらいですので、旅中にドレスアップできるのは、なかなか新鮮な体験でした!(だからといって、必須では無く任意で、ドレスアップしていなくても問題はないです)

無料サービス
☑︎食事無料(※一部追加メニューや有料レストラン有り)
☑︎シアターでのショー(1日2公演、19:15〜、21:15〜)
☑︎プール(4つ!)
☑︎フィットネスセンター
☑︎デッキスポーツ(ミニ・ゴルフ、卓球、パドルテニス、バスケットボールなどの様々なスポーツイベントが開催!)
☑︎ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ(プールサイドの設置された巨大液晶スクリーンで映画を楽しむことができる!)
☑︎フォーマルday(ドレスアップできる ※コースによって回数が異なります)
☑︎ルームサービス24時間対応(※プランにより一部有料)
☑︎お掃除(1日2回…!)
☑︎日本語対応スタッフ&日本語表記
☑︎キッズスペース
☑︎ライブラリー

有料サービス
☑︎船内無制限Wi-Fi、1デバイス単位
☑︎有料レストラン
☑︎アルコール
☑︎BAR &ラウンジ
☑︎サンクチュアリ
☑︎展望浴場「泉の湯」
☑︎スパ
☑︎カジノ
☑︎アートギャラリー
☑︎ブティック
☑︎免税店
☑︎フォトサービス(無料で撮ってくれて気に入ったデータの購入が有料)

船内での食事事情は?

船内飲食も本当に充実していました。
ディナーが食べられるメイン・ダイニングは5ヶ所あり、メダリオンで事前に時間の予約をしたらスムーズに入ることができます。

和食、洋食、中華とジャンルも様々で、お味噌汁が出てくるのが何より嬉しい!笑
こんなに豪華にお味噌汁を出して頂いたのは生まれて初めてです。笑(他、有料レストランも有ります)
 
ビュッフェは、早朝から深夜まで利用でき、ラーメン、うどん、蕎麦なんかも食べれて感動しました!
塩分や出汁が欲しくなる時ってありますもんね!笑 

あと、必ず、食べてほしいのが14階・リドデッキにある、トライデント・グリルで食べられるハンバーガー。
その場で作ってくれて、中身のチョイスを自分でする事ができます!出来立てのハンバーガーは本当に美味しい!

有料サービス・サンクチュアリ

クルーズ代に含まれる無料サービス内でも十分楽しめるのですが、課金して、有料サービスを楽しむも良しです!

私は、船首にある、屋外のリラクゼーション・スペース・サンクチュアリで半日静かな空間でゆっくり楽しみました。

お値段も半日約10ドルの追加で楽しむことができました!(乗船時、セールでこの価格になっていました。通常は半日20ドル)

ヘルシーランチ、ドリンク、アフタヌーンティーのサービスなんかも!贅沢な時間と空間を堪能!

寄港地は何をした?

滞在時間は着く港によっても違いますが、だいたい9時間〜12時間、寄港地を楽しむことができます!

クルーズ寄港地・那覇

那覇港へは、7:00入港→19:00出港。

那覇では、路線バスに乗り、カラフルな平家の建物が軒を連ねる街並みを見ているだけで可愛い港川ステイツサイドタウンに行きました。

外国人向け住宅として利用されていたコンクリート造りの平屋が密集しているエリアで、戦後、アメリカ統治下時代、米軍人やその家族が住むための住宅が基地内だけでは足りなくなり、こちらに建てられたという経緯があるようです。

今ではリノベーションされ、カフェや、ごはんや、雑貨屋、などなどがお店もたくさん!(※一般住居も一部あります)
その日は、港川ステイツサイドタウンで、街並み散策、お昼、カフェ、雑貨屋巡りと、ゆっくりのんびり過ごしました!

クルーズ寄港地・石垣

石垣港へは、9:00入港→18:00出港。
石垣島では、ずっと気になっていた石垣島の離島、幻の島=浜島と、シュノーケリングに行ってきました!

コチラは、半日の現地ツアーを事前申し込みしました。
船に乗るまでに時間があったので、石垣港周辺の定番観光地ユーグレナモールをぶらぶら。

が、まさかの昼食難民に、、、!笑
シーズン前のユーグレナモールは日曜日お昼は閉まっている店が多いのでお気をつけ下さい。
てことで、石垣港近くののホテルミヤヒラさん1階のレストランで頂くことに!

6月半ばで夏真っ盛りという印象の石垣島で、昼から飲むオリオンビール生は最高!
ゴーヤーチャンプルーもめちゃくちゃ美味しかった!

さて、いざ、船に乗り幻の島へ!

波の具合にもよりますが、石垣島港近くの船着場から、だいたい30分程度。徐々に綺麗なエメラルドグリーンの海になっていく様子にワクワクしながら、潮の満ち引きで現れる幻の島出現!

とにかく海が綺麗すぎる!
その後はシュノーケリング綺麗な海でするシュノーケリングは全然違う!天然水族館でした!

クルーズ寄港地・基隆

基隆港へは、7:00入港→17:00出港です。

今回は台灣では、まず台灣鐵道を利用し、基隆から瑞芳へ。
瑞芳から平渓線に乗り、十分、猫村(猴硐 ホウトン)を観光し、基隆に戻り、市場の2階でご飯を食べました!
また、基隆港は。地理的に台北方面にも、九份・十分方面にも行ける立地!

ローカル電車が、ギリギリの幅の街中を走り抜けるのが十分!電車は、頻繁に来ないので、(だいたい1時間に1ぽんくらい。)その線路の上で、願いを書いたランタンを飛ばすのが十分観光の醍醐味!

ランタンの色によって願い事の種類が異なります!
4色ランタンだと200元と、台湾物価で考えると少しお高めですが、ここに来て、願いを書いたランタンを飛ばすと願いが本当にに叶っているのです!(過去4回来て、2回は飛ばしているのですが。)

今回も貪欲な願いを書いて(笑)飛ばしたランタンは、十分の空高く飛んで行きました!!

駅を降りた瞬間から、猫!猫!猫!それが・猫村(猴硐 ホウトン)!!猫好きにはたまらない聖地!

街中は、猫カフェや雑貨屋など、猫テーマのお店が盛りだくさん!休憩がてら猫カフェでお茶を。

台灣の朋友に教えてもらった、基隆、仁愛市場2階にある、水餃子のお店、林家三鮮水餃!お店に着いた瞬間、地元の方に愛されている名店だということを察しました!笑

ぷりっぷりの水餃子は美味しすぎて、1皿追加注文をしました!笑
6月だとかなり蒸し暑い台灣。歩き疲れて飲む台灣ビールは最高!

クルーズ旅も寄港地も楽しみ方は人それぞれ!

初めは、8泊9日の船旅のうち、寄港地は3日だけそれ以外は全部船上。
時間を持て余すのでは…という心配は、つゆ知らず。むしろ、あっという間の9日間でした。

そして、至れり尽くせり、豪華な船内で、姫にでもなったのかしら?と思ってたのですが、実際のところ、美味しい食べ物飲み物に囲まれ、若干豚になったのはここだけの話です…!笑

そんな方の為に、安心してください!船内にはジムも完備です!笑

取材協力:プリンセス・クルーズ

メンバープロフィール

ほりいみほ
ほりいみほ
フリーモデル・タレント。《旅行/観光/地方創生/PR》に特化したモデルです。
カメラ片手に旅することが大好きで、旅した国は《28か国83都市》。
Instagramをメインに『旅×モデル』として活動しています。
バックパッカー一人旅スタイルの旅が多めです。

関連記事

  1. オーロラ

    フッティルーテンのオーロラクルーズが北欧女性ひとり旅におすすめの理由

  2. 【はじめてのクルーズ体験レポ】コスタの寄港地編

  3. 洋上の美術館「Holland America Line」船内見学会

  4. 国内を巡りながら海外旅行が楽しめる!?ダイヤモンド・プリンセス 日本発着クルーズ9日間を徹底レポ

  5. 【ロイヤルカリビアン】豪華客船でタイ・マレーシアを巡る4泊5日の女子旅 ~シンガポール発着~

  6. 【子連れクルーズ】世界80か国を旅するトラベルライター目線!シンガポール発着4泊5日 ロイヤルカリビアン

カテゴリー

  1. 【参加費無料】セレブリティ・ミレニアム 船内見学会…

  2. ワンオペ海外初体験・親子で大満喫!リゾートワール…

  3. まるで映画の世界!フォトジェニックな「オーシャニ…

  4. いつか夫婦で乗りたい…憧れの上級プレミアム客船オー…

  5. 【リゾートワールドクルーズ】シンガポール発着3泊4…

  1. コロナ禍でどう進化した?ダイヤモンド・プリンセス

  2. クロワジー・ヨーロッパ プロバンスを堪能するローヌ…

  3. 私の推し航路「エーゲ海クルーズ」

  4. 『世界で最も美しい船旅』フッティルーテン・沿岸急…

  5. 南フランスを徹底的に楽しむリバークルーズ(紹介編)