意外とリーズナブル?フッティルーテンではじめてのクルーズ旅

ホニングスボーク

「クルーズ旅」と聞いた時、何か「ハードルが高い」「お高い」などといった別世界のものを想像していませんか?
私もまさにその一人でした。

学生時代より旅行が大好きで、海外国内問わず様々な所を旅していますが、そのほとんどがバックパッカースタイル。コスパ重視でドミトリー宿泊の節約旅行。
クルーズ旅なんて縁遠いものだと思っていました。

フッティルーテンでのクルーズ旅をしてみたいと思った理由

約1年程前、アンバサダーに声をかけて頂いたことをきっかけに、クルーズ旅の世界に誘われることになります。
そして今年に入り、フッティルーテン沿岸急行船のクルーズ旅メンバーの募集があった時、思い切ってエントリーしていた自分がいました。

エントリーしようと思った決め手は3つ。

  • 自分が考えていたよりはリーズナブルな価格だった
  • 乗船時期が11月上旬なのでオーロラが見られるかもしれない
  • 世界の果て(北極圏のエリア)に行ったら人間は何を感じるのか知りたい

なんとなく自分自身を切り替えたいと思っていて、人生のリセット的な意味合いもあり、クルーズの旅へ足を踏み出してみました!

いざ、フッティルーテンの船旅へ

11月5日、私は人生で2度目のノルウェー・ベルゲンの地に立っていました。
8年前に訪れた初夏の白夜の時期とは打って変わって、11月のノルウェーは北に行くほど日照時間は短くなり、寄港地最北端の街では3、4時間ほど。
11月上旬ながらダウンが必須の寒さです。

ベルゲンの港に到着し、フッティルーテンの船を目にした時、これから起こる出来事に胸を弾ませ、いざ乗船。

客室は、シンプルながらベットにシャワー、トイレも付いています。
ベットのクッション性も最高で、船の中であるということを忘れてしまいそうな空間。

お陰で1週間、快適な船旅生活を満喫することができました。

一口にクルーズ旅といっても、ジャンルも様々だということを今回の乗船で知りました。
フッティルーテンの沿岸急行船はクルーズ船の中ではそこまで規模の大きいものでは無いらしく、船内に劇場やらカジノやら屋内プールやらがあるようないわゆる「超豪華客船」ではありません。

しかしながら、レストランやラウンジ、ジム、屋外ジャグジーなどは完備されており、船に乗っている間も飽きずに楽しむことができます。

Wi-Fi環境も快適で、船内にいながら仕事の連絡のやり取りなど、スムーズにすることができました。

ラウンジ

リーズナブルなポイントその1、食事が3食ついている

フッティルーテンのクルーズ旅の嬉しいポイントの一つは、旅程に朝食、昼食、夕食が全て付いていること。
地産地消の食材も登場し、”ノルウェーといったらこれ!”のノルウェーサーモンは、毎朝楽しみました。
この旅で一年分くらいのサーモンを食べたんじゃないかと思う程です。

リーズナブルなポイントその2、一度にたくさんの寄港地をまわれる

寄港地で下船し、観光地を見て回れるのも、クルーズ船の楽しみの一つ。エクスカーション(船で申し込めるオプショナルツアー)を追加でつけることも可能です。

今回の船旅では様々な港街に寄港しました。大きなところではオーレスン、トロンハイム、ボードー、トロムソ、ホニングスヴォーグなど。
それぞれ3〜6時間程滞在することができ、港街を散策することができます。

オーレスンは、アール・ヌーヴォー建築が立ち並び、写真を撮りながら歩いているだけで楽しい街でした。
418段の階段を登り、へとへとになりながらたどり着いたアクスラ展望台から観るオーレンスの街は「絶景!」の一言。

トロンハイムはノルウェー第3の都市で、旧市街のカラフルな木造建築が可愛らしく写真映えする街。

ボードーは非常に風の強い街で、とても寒く感じました。
街の教会ボードーカテドラルは、外観はシンプルながらステンドグラスが美しい教会でした。

トロムソで下船したのは15時頃だったにもかかわらず、すでに日は落ち、夕暮れから夜景へ。
トロムソ橋から見る港の夜景は息を呑む美しさ。
街のシンボルでもあるトロムソダーレン教会(別名北極大聖堂)は、コンクリートでできた近代的なデザインの教会で、独特な美しさを発揮しており、港から寒い中約20分歩いた疲れを忘れさせてくれました。

トロムソ

ホニングスヴォーグは、ヨーロッパ最北端の場所「ノールカップ」に行くための拠点の地。
港街はこじんまりと小さく、丘に登ると街を一望することができました。

北極圏に入ると、さっき朝日を見たばっかりだったのに、13:30頃にはもう夕日が!
日本にいたら絶対体験することはできない、すごく不思議な感覚を味わうことができました。

北極圏

船の上ならではの楽しい体験も

9月中旬~4月上旬の時期にフッティルーテンに乗船すると、北極圏を通過するときに船の上からオーロラを見られる可能性があります。
今回私が見ることのできたオーロラは弱めで、肉眼ではっきりと分かる強さのものではなかったのですが、カメラのレンズを通して、人生初のオーロラを見ることができました。

ちなみに、オーロラが出現すると船内アナウンスが入るので、部屋で作業などをしていてもオーロラを見逃さずにすみます。

船上ではサプライズイベントなどもチラホラ!

国や言葉は違えど、他の乗客と一体感を得ることができる瞬間です。
中でも、北極圏に入った時に行われた謎の氷かけ儀式は盛り上がりました!

手が届くクルーズ船「フッティルーテン」で宝物の旅を

今回、人生初めてのクルーズ旅をして思ったことは、クルーズ旅は全てがお高いという訳じゃないということです。
夢のような1週間を経験することができました。
船から見る移動中の景色も全てが私の宝物になりました。

取材協力:フッティルーテン

メンバープロフィール

ほりいみほ
ほりいみほ
フリーモデル・タレント。《旅行/観光/地方創生/PR》に特化したモデルです。
カメラ片手に旅することが大好きで、旅した国は《28か国83都市》。
Instagramをメインに『旅×モデル』として活動しています。
バックパッカー一人旅スタイルの旅が多めです。

関連記事

  1. 若者でも楽しみがいっぱい!飛鳥IIワンナイトクルーズ

  2. オーロラ

    フッティルーテンのオーロラクルーズが北欧女性ひとり旅におすすめの理由

  3. 未経験者に知って欲しい!!クルーズが手軽な旅行手段である3つの理由

  4. 【初めての方必見】シンガポール発着 クルーズ旅4歳が楽しめたポイントを紹介

  5. フッティルーテン・沿岸急行船でノルウェー大人女子旅【クルーズ基本情報編】

  6. 【おとな女子旅・リピーター目線でたっぷりまとめました】写真で詳しく魅せます!「ダイヤモンド・プリンセス」

カテゴリー

  1. 【クリスタルシンフォニー】ラグジュアリー客船 アジ…

  2. 【クルーズ寄港地】異国情緒あふれる長崎県雲仙市の…

  3. 大人になったからこそ味わい深い長崎県!長崎市と雲…

  4. 神戸に初寄港のスーパーラグジュアリー船「リージェ…

  5. スーパー・ラグジュアリー客船!リージェント・セブ…

  1. コロナ禍でどう進化した?ダイヤモンド・プリンセス

  2. クロワジー・ヨーロッパ プロバンスを堪能するローヌ…

  3. 私の推し航路「エーゲ海クルーズ」

  4. 『世界で最も美しい船旅』フッティルーテン・沿岸急…

  5. 南フランスを徹底的に楽しむリバークルーズ(紹介編)