クルーズ愛好者からの評価が高い美食客船「ノルウェージャン スピリット」船内見学会をレポート

年間180泊 5歳の娘と旅をしているママトラベラーMIKIです。
今回は2024年5月東京国際クルーズターミナルに初寄港したノルウェージャン スピリットの船内見学会に参加してきました。

ノルウェージャンクルーズラインとは?


「なんて美しく洗練されているんだろう!」という第一印象だったノルウェージャンクルーズラインから東京に初入港したノルウェージャン スピリット

アメリカマイアミに本社を置き、57年という長い歴史の中で運営してきたノルウェージャンクルーズライン(NCL)
全世界450ヵ所に就航し、19隻のクルーズ船を保有するクルーズ会社です。

ノルウェージャン スピリット3つの特徴

米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」主催のリーダーズ・チョイス・アワードにて2023年コンデナスト リーダーズチョイスアワード受賞。他にもクルーズクリティック エディターズピックスアワードなど数々の受賞歴があるノルウェージャンクルーズライン。
ノルウェージャン スピリットは2022年に全面改装され大人が楽しめる船に生まれ変わりました。
船のサイズは、全長268.60メートル、幅32.20メートル、総トン数は75904トン

クルーズ愛好家からの評価が非常に高いノルウェージャンクルーズライン、船内見学会に参加してその理由がわかりました。
ノルウェージャン スピリットの3つの特徴をご紹介します。

フリースタイルクルーズ

業界初と言われているフリースタイルクルーズを導入。
クルーズ初心者の方にも気軽にクルーズ旅を楽しむことができます。

フレンチレストラン「LE BISTRO」

フォーマルなドレスコードなし自由気まま船の旅

クルーズ旅行と言えば、フォーマルナイトなどドレスアップするイメージをする方が多いと思います。
ノルウェージャンクルーズラインでは、服装は自由なのでお好きなスタイルで楽しめます。
朝起きてから海の上で旅行を楽しみ下船するまで、自由気ままに船の旅を楽しむことができます。

フリースタイルダイニングで好きな時に好きなだけ食事を楽しむ

通常、クルーズ船でのダイニングでは決まった食事の時間や座席指定があることが多いです。
クルーズ旅行をしていると、完食などしてしまいお腹が空いていないこともしばしば。
ノルウェージャンクルーズでは固定のダイニング時間に縛られず好きな時に好きなだけ食事を楽しむことができます。
旅の自由度が格段に上がるうれしいポイントです。

リピーターも唸らせる美食の船

メインダイニング「WINDOWS」

クルーズ船は一般的に「カジュアル」「プレミアム」「ラグジュアリー」と3つに分類されますが、「プレミアムコンテンポラリー」に位置するノルウェージャンクルーズライン

私自身この2年で数社のカジュアルとプレミアム客船に乗船しました。
次などんな船に乗ろうかクルーズ愛好家やリピーターの方におすすめを質問すると『ノルウェージャンクルーズライン』回答いただくことが多くとても印象的でした。
その理由は「食事がとても美味しい!!」
カジュアルな中でも圧倒的に評価が高い美食の船としても有名です。
(後ほどビュッフェダイニングの食事も一部ご紹介していますのでぜひ最後までご覧ください)

2022年に新しく改装されたおしゃれでラグジュアリーなインテリア

船首のラウンジ「SPINNAKER LOUNGE」

ノルウェージャン スピリットは2022年最大規模の大改装を終え新しく生まれ変わりました。
ステートルームの全てと、バーやラウンジ、メイン・ダイニング、各国料理レストランなどのデザインが一新されました。
洗練されたラグジュアリーな船内をご覧ください。

ノルウェージャン スピリットの船内を紹介

ベージュ基調のおしゃれなインテリア スイートルーム


キャビンは「スイート」「バルコニー」「オーシャンビュー」「インサイド」と4種類のカテゴリーに分類されます。
大改装を経て新しく生まれ変わったステートルームはベージュを基調とした洗練されたおしゃれなインテリア。
海を連想させるブルーのファブリックがアクセントになっています。

スイートルームのベッドルーム


ベッドルームは落ち着くグレーのファブリックが使用されていました。


広々としたバスルームはレインシャワーと可動式シャワーが設置されゆったりバスタイムを楽しむことができるバスタブ。


スイートルームのアメニティはロクシタンです。
海側バルコミー客室

海側バルコミーのステートルームは、ベージュ・グレー・ブルーとコンパクトながら落ち着く空間。

ゆったり寛げる広々としたプール


ノルウェージャン スピリットには、メインプールの近くに4ヶ所の屋外ジャグジーがあります。


他にも、広々としたデッキスペース、サンベッド、デッキチェアを完備しています。


プールにはバーもあり、ドリンクや軽食をいただきながら充実したひとときを過ごせます。


中でも目を引いたのが船尾のプール。

有名なイビサ島の夏のビーチパーティーにアイデアを得たスパイスH2Oは、大人専用の癒しの空間にリニューアル。
大改装前はウォータースライダーなどを完備した子供用のプールエリアを落ち着いた大人向けのプールに生まれ変わりました。
流れゆく海を眺めながら、落ち着いたのんびりとした時間を過ごせそう。

広さが2倍に生まれ変わったマンダラスパ


プールと同様、改装前はキッズクラブがあった場所が2倍の広さとなり「マンダラスパ(Mandara Spa®)」とリニューアル
専用美容室からジム、サーマルスイートまで多種多様なラインナップでゲストにニーズに応えてくれます。

スパルーム


シンギングボウルも設置され極上の癒し体験が可能


サーマルスイートパスを購入すると、落ち着いた海の景色が見られるヒーター内蔵のラウンジャー、ジャグジールーム、サウナ、スチームルーム、 ウォーターセラピーにアクセスできるそう。
海を眺めながらの心も体も満たされる至福のひとときが過ごせます。


ジムも拡張され充実したマシーンが完備されています。

美食の船 ノルウェージャン スピリットの夢のようなレストラン

メインダイニングの「WINDOWS」


美食の船 ノルウェージャン スピリットは、スペシャリティダイニングを含め多彩なラインナップ。

メインダイニング


印象的な窓からたっぷりの光が差し込む光景はまるで映画のワンシーンのような美しさ

2つあるメインダイニングルームの1つメインダイニングの「WINDOWS」では、現代的なセンスを取り入れたさまざまなメニューが楽しめます。

ビュッフェレストラン


朝・昼・夜と食事を気軽にいただけるビュッフェダイニングの「Garden Cafe」
目を疑ったのはビュッフェダイニングでありながらお料理のクオリティが高くどのメニューも美味しそうだったこと。


豊富なメニューに加え、盛り付けやディスプレイも彩りよく丁寧に調理されていることが印象的。


ハムやチーズ・お肉やハンバーガーバーのパテもとてもジュージーで美味しそう。


スイーツも豊富で通常であれば有料のことがアイスクリームも無料でいただけます。


ベジタリアンメニューも用意されていました。

多彩なスペシャリティレストラン


美食の船と称されるノルウェージャンクルーズラインではスペシャリティレストランも多彩。
メインダイニング以外でもその時の気分に合わせ好きなものを好きなだけいただける自由度が高いのは本当に嬉しいですね。

オンダ バイ スカルペッタ

リニューアル後大注目なのが「オンダ by スカルペッタ(Onda by Scarpetta)

「オンダ」は、ニューヨーク、ハンプトンズ、マイアミ、ラスベガス、など中心に展開するスカルペッタ系列で洋上初のレストランです。人気のパスタからシーフードの創作料理まで、モダンなイタリア料理を堪能できます。

ル ビストロ


ロマンチックな雰囲気あふれる、ノルウェージャンクルーズラインの看板ともいえるフレンチレストランの「LE BISTRO ル ビストロ」

キャグニーズステーキハウス


アメリカンスタイルのステーキハウス「GAGNEY’S STEAKHOUSE キャグニーズステーキハウス」では、認定アンガスビーフの極上カットが自慢だそう。

寿司バー


真っ赤な壁とチェアが斬新な「SUSHI BAR 寿司バー」
モダンなカウンターで伝統的な日本食が楽しめます。

ヘンリーズパブ


ダーツと大画面テレビがありスポーツ観戦も楽しめる「HENRY’S PUB ヘンリーズパブ」
フィッシュ&チップスやおいしい生ビールが味わえる伝統的な英国バブです。

スピンネーカーラウンジ


夜になると音楽で満たされ、ステージがダンスフロアと化す「SPINNAKER LOUNGE スピンネーカーラウンジ」
船首に位置するラウンジは360℃大パノラマビューの絶景が待ち受けています。
カクテルを片手に楽しいひとときを過ごせそうです。

マグナムス シャンパン&ワインバー


シャンパンやワインが本格的に楽しめる「マグナムス シャンパン&ワインバー」
多彩なダイニングやバーが洋上で楽しむことができます。

24時間食事が楽しめるレストラン ザ・ローカル


他のクルーズ船と比較しても珍しいのは24時間営業している「THE local ザ・ローカル」
ノルウェージャンクルーズラインのフリースタイルクルーズを象徴しているダイニング。正に好きな時に好きなだけを実践しています。
ザ・ローカルでは、サンドイッチやフィッシュ アンド チップスといった人気料理に加え、各種取り揃えたビールやカクテルを、スポーツ中継を観戦しながら楽しむことができます。

充実した施設

他にもシアターからカジノ免税店のショッピングエリアまで船の上でも全く飽きることない施設の充実ぶり。


中央部にあるアトリウムはメイン受付と寄港地観光ツアーデスクがありたくさんの人々で賑わいを見せる場所。
ゴールドに輝くエレベーターがとても印象的で素敵な空間が広がっていました。

2024年は日本からアジアを楽しむ旅を

アジアを中心とした航路が充実

2024年5月以降日本初のアジアの航路が充実。
一般的には日本では発着地が同じケースが多かったのですが、ノルウェージャン スピリットの場合は日本発〜様々な寄港地(台湾や韓国など)を巡ります。

出港地と帰港地が別の場所なので様々な旅のニーズに合わせ旅行をアレンジすることができます。
また、ノルウェージャン スピリットに加え、ノルウェージャン サンノルウェージャン スカイも日本を含むアジア路線を運航することが決定しています。

お得な特典!フリーアットシープログラムに注目!

これだけ大充実の船内で気になるお値段ですが、一部の路線を除きおおよそ1泊2名1室利用での大人一人当たり100$ほどと驚くほどリーズナブル。
これだけリーズナブルなのですが、さらにお得なプログラムがあるので、具体的に予約を検討されている方は要チェック!
クルーズ基本代金割引以外にも以下の5つの特典があります。

① 無料飲み放題のオープンバー すべてのカクテル、ワイン、ドラフトビール、ジュース、ソフトドリンクが最大1,400米ドルお得
② スペシャリティダイニングパッケージ 最大180ドルお得なスペシャリティダイニングの食事が無料
③ 寄港地観光クレジット 寄港地観光ツアークレジットで、お部屋ごとに1回の寄港地観光ツアーにつき50ドル割引。
④ WiFiパッケージ 最大200 米ドル お得!船内のどこでも使えるインターネットパッケージ。
⑤ 追加ゲスト無料 一部の日程のクルーズで3人目と4人目のお客様が無料、最大1,000米ドルお得に。

部屋タイプや人数や予約プランなど旅のスタイルによって様々ですがこのような割引や特典を利用することでお得にクルーズ旅行を楽しむことができます。

フリー アット シー + 期間限定クルーズオファーや直前割引などメルマガ登録するとお得な情報を見逃すことなく予約できます。
▶︎▶︎メルマガ登録はこちらから


カジュアル船カテゴリーでありながら「プレミアムコンテンポラリー」の名に相応しいモダンで洗練されたノルウェージャン スピリット。クルーズ旅の新しいスタイルを感じる船内見学会でした。

大人が楽しめるよう大きく生まれ変わったノルウェージャン スピリットで、夫婦旅や女子旅はもちろん、お子様の年齢が大きいファミリーにも体験してほしいです。

取材協力:ノルウェージャンクルーズライン

メンバープロフィール

MIKI
MIKI
5歳女児の 旅好きの元証券ウーマン
2年間の育休中は、大好きな海外旅行を堪能すべくハワイへ育休移住。
育休を経て仕事復帰後、退職。現在は国内のホテル巡りを楽しんでいます。
子連れ目線のハワイ情報や子供とのお出かけレポ、子育てママに役立つ情報を配信しています。
また集英社ファッション誌『Marisol』公式ブロガー、ベネッセライフスタイル誌『サンキュ!』公式インスタグラマーとしても活動しています。

関連記事

  1. 大人向けに大改装!「ノルウェージャン スピリット」で自由に楽しむクルーズ旅

  2. 会社員でも行けた!初めての4歳子連れ4泊5日クルーズ旅 ~ロイヤルカリビアン~

  3. プライドオブアメリカで行くハワイ4島周遊クルーズ!!

  4. 【憧れ豪華客船】友達親子3組とロイヤルカリビアン!コスパ最強の4泊5日を大公開

  5. 【リゾートワールドクルーズ】シンガポール発着ゲンティンドリーム乗船レポ

  6. ダイヤモンド・プリンセスクルーズのフォーマルナイトで夢の一夜を 〜ドレスコード〜

カテゴリー

  1. クルーズ愛好者からの評価が高い美食客船「ノルウェ…

  2. コスパ抜群!コスタセレーナで航くショートクルーズ

  3. 【船内見学会レポ】ノルウェージャン スピリット / …

  4. イタリアの生まれのコスタ セレーナで楽しむ陽気で欲…

  5. 【子連れクルーズ】コスパ抜群!! 日本発 コスタクル…

  1. コロナ禍でどう進化した?ダイヤモンド・プリンセス

  2. クロワジー・ヨーロッパ プロバンスを堪能するローヌ…

  3. 私の推し航路「エーゲ海クルーズ」

  4. 『世界で最も美しい船旅』フッティルーテン・沿岸急…

  5. 南フランスを徹底的に楽しむリバークルーズ(紹介編)