若者でも楽しみがいっぱい!飛鳥IIワンナイトクルーズ

クルーズは楽しんでみたいものの、ちょっとハードルが高いと感じておられる方多いと思います。

特に、日本船=シニア世代!老後に!なんてイメージもあったり・・・。
確かにラグジュアリークラスである飛鳥の客層は年代で言えば60、70代が圧倒的に多いですが
楽しみ方次第では若者でも存分に楽しい時間を過ごせます!

会社員の方や、まとまった休暇がとりにくい方、必見!!
気軽に参加できるウィークエンドワンナイトクルーズで船旅デビューはいかがでしょうか。

過去2回飛鳥IIのワンナイトクルーズに乗船した私が大人女子旅にフォーカスしクルーズ旅行を存分に楽しむポイントをシェアします。

ワクワクなイベントクルーズをチェックしよう

皆さん、イベントクルーズはご存じですか?
イースター、ハロウィン、クリスマス、年末年始(カウントダウン・初日の出)、有名人が乗船するライブなど同じ船でも雰囲気が異なりリピートしたくなるイベントが目白押し!

もちろん、自身の誕生日や記念日などにクルーズ旅行をチョイスするのも素敵ですが、更にイベントクルーズを狙えば楽しみが何倍にもなる!

イベントクルーズはクリスマスのシーズンに行ってきました。
クリスマスクルーズは特に船内も華やかにデコレーションされています。

お出迎えや、クルーズ船でのお馴染みダンスパーティーにサンタさんの格好をしたクルーの登場!
普段ですと社交ダンスも雰囲気に圧倒され少々遠慮しがちですが、なんだかコスプレ?イベントだと思うとダンスにも不思議とチャレンジできます!
自分の体験の幅を増やせるのも、クルーズ旅行の魅力です。

クルーズ船の楽しみのひとつドアのデコレーション

キャビンのドアが連なる船内。

「どこのお部屋だったけな?」と探しやすくするために部屋をデコレーションする乗客もいます。

中長期クルーズに多いそうですが、キャビンを自分のお家のように楽しむ工夫ができるのもクルーズ旅行での魅力。
たった一泊ですが、クリスマス仕様にデコレーションしてみました。
ドアを傷つけないようにマグネット仕様のものや、マスキングテープで貼るのがおすすめです。

より一層ときめくクリスマスシーズンの船内

クリスマスクルーズはシーズンの中でも一番華やかな内装なので
船内の雰囲気をいつも以上に楽しめます。

華やかなディナータイム

クリスマスディナーはセッティングもクリスマス満載です。
サンタの箸置き、メニュー表も可愛い。
テーマカラー「サーモンピンク」をモチーフにして作られた
華やかな料理たちが次々とやってきます。


通常期のディナーも盛り付けが華やかで
日本人の口に合う食べやすい料理の数々が楽しめます。

クルーズでお洒落を楽しもう!

せっかくの非日常空間。
寄港地でも荷物を持ち歩く必要がないので、クルーズ旅行はいつもの旅より少し荷物は増えても大丈夫!
思いきり船内を楽しむこと大前提に旅行準備から気合いが入ります。


クリスマスクルーズはクリスマスのカラーを意識。
クリスマスクルーズも通常クルーズも昼と夜のコーディネートを持ち込みました。

昼のコーデ

基本的に乗船した日の昼間は船内を探索するので低めのヒールを履いています。
船内の移動で荷物を軽くさせて持ち歩けるように、昼はいつも小さいミニトートを愛用しています。
フォトジェニックスポットを探して雰囲気を楽しむと気分も高揚します!

夜のドレスコードは「セミフォーマル」

夜の時間帯は、是非ドレスコードのお洋服に身を包んでひと時を楽しむのがクルーズ旅行の楽しみ方。

女性は髪型を変えて、ちょっとしたドレスアップを。
男性はタキシード着ている方は少なく、スーツの方がほとんどでした。

華やかにドレスアップした乗客たちなどいつもの船内よりも特別なひとときを感じることができます。

クリスマスクルーズはネイルにもこだわりを

ディナーの中でもクリスマスのサプライズ、可愛いジュエリーボックスに入ったグミのお土産もいただきました。
ついつい可愛くてネイルと一緒に撮影をしてみました。

食べて飲んで自由きままに贅沢に

クルーズでは基本的に食事込みです。
カジュアルに楽しむ食事は、決まった場所ではなく、好きな場所に移動して食事を楽しめるのもクルーズ旅行の魅力。

いつでもどこかしら飲食の提供があっているので、ロケーションの良いお気に入りの場所を見つけてゆったり過ごせます。

甘いもので幸せ気分に

リドカフェおすすめのパンケーキ、フレンチトースト、アップルパイ!
ぜひ同行者の方とシェアして試してみてください。

飛鳥オリジナルのアイスカップ♡
アイスコーナーには、可愛いタペストリーが!!
オリジナルのアイスカップと一緒に撮ってほしい密かなおすすめのフォトスポットです。

名物は味わっておきたい

飛鳥II乗船経験者がこぞっておすすめするハンバーガー!
パティはカリッとしてジューシーな味わいですぐに虜になります。
小さめサイズなのも嬉しいところ。
お昼以降の間食で食べておくと、夕食にも響きません。

コーヒーブレイク

ザ・ビストロのカップはなんとお店オリジナルのデザインなんです。
こだわり満載の可愛いカップと共にひとときもより一層弾みます。

アルコールで大人時間を!!

乗船するとすぐにウェルカムパーティーがあります。
クルーズ船は、乗ってすぐ出港!ということはなく、出港するまでの時間もぜひ楽しんでください。

デッキでほっと一息を

セイルアウェイパーティーでは温かいドリンクが振る舞われたり
スパークリングワインが振る舞われたりします。

外は寒いのですが、ついつい夜景と星を眺めに外に出たくなるのがクルーズ旅の醍醐味。

船尾から見る横浜の景色が本当に最高。
ライトアップされた船と合わせて眺める横浜の景色、このアングルとてもおすすめです。

ディナーでアルコール

ワインは有料でしたが、せっかくなのでワインと合わせて食事を楽しみました。

ドリンクパッケージを頼まないと、お酒は有料になっていることが多いカジュアル船。

私のお決まりの楽しみ方は、初日にワインのボトルを開封!
ボトルキープできるので、ディナーの度に楽しめます。

ワイン好きは是非初日にボトルオーダーをやってみてください。

バーでピアノの生演奏を聴きながら、優雅な時間。

ドリンクは有料ですが、テーブルチャージはないので手軽にバーを楽しめます。
私がいただいたのは、オリジナルカクテル「ASUKA」。

大海原を連想させる鮮やかな青色。

すっかり時間を忘れて閉店近くまでバーを堪能しました。
このまま酔いしれてキャビンに戻れるのも船旅だからこそ。

小腹が空いた方は寝る前の夜食タイムを覗くのもありです。
メインは和風トマト出汁の讃岐うどんとランチョンミートのスパイシーロールオーマルクロケットとネーミングから美味しそうでした。
もちろん、ケーキ、フルーツ、ジュース、コーヒー、紅茶とこの日ばかりは自分も甘やかして良いのではないでしょうか。

船内限定品の購入もお忘れなく

船内には船内限定品のお土産が沢山売っています。
さすが日本船!ばらまきお土産も充実。
おすすめは飛鳥IIの船を模ったクランチチョコレート。
配りやすくて、船形が可愛いのでばらまきのお土産にぴったりです。

個人的に毎回集めたくなるのはポストカード。
なんと!デザインが変わっていたので再び購入!
度々お土産の種類も変わるので、毎回要チェックです。

クルーズ船マニアはコレクションにしている人も多い!?テディベア!
飛鳥IIにも売っています。

思い思いの過ごし方ができる夢のようなクルーズ旅。
ぜひ事前に準備し、自分なりの楽しみ方で満喫してもらえたらと思います。

メンバープロフィール

ゆりか
ゆりか
元大手旅行会社社員。当時の先輩からクルーズコンサルタントの資格取得を勧められたが「船酔いするし」「料金高そうだし私には関係なさそう」と思っていた。その頃、乗船見学に行きクルーズ船と初のご対面。凄さに圧倒!すぐに虜になり、クルーズコンサルタントの資格を取得。
現在は独立し、“目の前の人に対して世界を広げるきっかけを作りたい”という軸を持ち、コーチング事業・イベント運営・SNS運営や発信・事業投資など、旅行業に留まらずに活動中。自分の人生の選択を豊かにしてくれたクルーズ旅行。誰かが知る・乗船するきっかけを作り、世界を広げるきっかけになればという想いでCRUISE Ismの運営メンバーとしても活動中!

関連記事

  1. 最高すぎる!東カリブ海クルーズライフ【寄港地編】

  2. 憧れの飛鳥Ⅱを気軽に堪能!2泊3日ショートクルーズで“手の届くラグジュアリー体験”

  3. 【はじめてのクルーズ体験レポ】コスタの寄港地編

  4. イタリアの生まれのコスタ セレーナで楽しむ陽気で欲張りな女子旅クルーズ

  5. クルーズ愛好者からの評価が高い美食客船「ノルウェージャン スピリット」船内見学会をレポート

  6. 【子連れクルーズ】コスパ抜群!! 日本発 コスタクルーズ 4泊5日の旅 東京-鹿児島-韓国 2024年最新版

カテゴリー

  1. クルーズ愛好者からの評価が高い美食客船「ノルウェ…

  2. コスパ抜群!コスタセレーナで航くショートクルーズ

  3. 【船内見学会レポ】ノルウェージャン スピリット / …

  4. イタリアの生まれのコスタ セレーナで楽しむ陽気で欲…

  5. 【子連れクルーズ】コスパ抜群!! 日本発 コスタクル…

  1. コロナ禍でどう進化した?ダイヤモンド・プリンセス

  2. クロワジー・ヨーロッパ プロバンスを堪能するローヌ…

  3. 私の推し航路「エーゲ海クルーズ」

  4. 『世界で最も美しい船旅』フッティルーテン・沿岸急…

  5. 南フランスを徹底的に楽しむリバークルーズ(紹介編)