【初めての方必見】シンガポール発着 クルーズ旅4歳が楽しめたポイントを紹介

Instagramを中心に子連れ旅行情報を発信している、あみこと申します。
国内外問わず年間100日程、子供と旅行をしている旅好きママです。

今回、4歳の旅慣れガール「いりこちゃん」と一緒に、シンガポール発着のロイヤルカリビアン社の「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」に乗船してきました。


日本に住んでいると、クルーズ船って高嶺の花、セレブが乗るものとイメージしてしまいませんか?
しかし、意外とお手頃な価格帯の船や短い期間でも楽しめるクルーズ旅があるのです。
そして、子連れには大きなメリットもたくさん。

今回の記事では、4歳の子供が楽しめたポイントとママにとって楽だったポイントを、実体験を交えながら紹介していきたいと思います。

ロイヤルカリビアン クルーズ旅の基本情報

今回乗船したのは、ロイヤルカリビアン社の「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」という客船です。
船の種類によって規模や、施設内容やアクティビティが変わってくるのが船旅の面白いポイントでもあります。


シンガポール発着の4泊5日のショートクルーズであれば、会社員でも参加しやすい日程となっています。

シンガポール発着ショートクルーズ
1日目 シンガポール出発 午後に乗船、夕方出発
2日目 マレーシアのペナンへ寄港
3日目 タイのプーケットへ寄港
4日目 終日クルージング
5日目 シンガポール到着、朝下船
※5日目の朝に下船してしまうので実質4日間の船旅です。

執筆者の基本情報

今回の旅は、ママ友3人とそれぞれに子供が1名ずつ(4歳、5歳、8歳)計6名で乗船しました。家族ごとに部屋は分かれています。

【4歳 クルーズ旅 お楽しみポイント①】船内設備

滑り台付きのプール「スプラッシュアウェイベイ」


一番楽しんでいたのは、やっぱりプールです。4歳なので大きなスライダーで遊ぶというよりも、小さなキッズプールのほうが安心して遊ぶことができました。

シンガポールは常夏ですので、冬でも外のプールを楽しむことができます。
監視員さんもしっかりついていてくれるので、安全安心です。ただし、日差しが強く日よけがないためしっかり日焼け対策をしておきましょう。

大人向けプールでは映画が楽しめる

水深が深い大人向けのプールは、救命胴衣の着用が必須になっていました。

時間によっては、映画を上映していて、ちょうど「リトルマーメイド」を見ることができました。
船の雰囲気も相まって子供は映画に没頭して、プールで浮かびながら映画を見るという贅沢な時間を過ごすことができました。


また、室内プールやジャグジーもありました。
タオルはプールサイドで貸し出してくれますが、返却しないと日本円で約2,500円請求されるようですのでお忘れなく。

無料の託児所とキッズスペース「アドベンチャーオーシャン」

ママにもうれしい無料の託児サービスは、何度でも利用できます。
※時間帯や年齢によっては有料の場合あり。


今回は、2回利用しました。

初日は約2時間、5歳のお友達と一緒に参加して、お絵かきや体遊びをしたそうです。
ママは外から様子を見ることができるものの、中に入ることができないのでサポートをすることができません。

子供達は英語が喋れない、理解できないので多少の心配はしましたが、慣れているスタッフさんたちはスマホの翻訳機など使って遊んでくれました。
預けるときに、保護者は携帯電話を貸し出され、何かあったらすぐに呼び出してもらうことができる仕組みとなっています。

翌日に「また行きたい」というくらい気に入ったようで、2日目も元気に利用してくれました。


その間は大人の自由時間で、免税店に行ったり、ゆっくりした時間を過ごすことができました。
※免税店には、ディスカウントコーナーもあってママは大興奮でした。


託児所を利用するときは、予約不要で実際に行ってみて入れるか聞く形になります。
いつでも遊べるキッズスペースは少し狭いですが、遊具があり未就学児が楽しむには十分でした。

船内のアクティビティ

クルーズ船の中には、時間ごとに開催されるアクティビティも楽しいポイントです。


但し、4歳で参加できるものが少なく、正直に言うと5歳くらいからのほうがより楽しめそうです。
一緒に行った男の子は、サバゲ―や小さい自動車に乗れるアクティビティを楽しんでいました。

【4歳 クルーズ旅 お楽しみポイント②】食べ放題のレストランやビュッフェ

クルーズ船でのお楽しみは、なんといっても頼みたい放題ということで、ママと4歳は張り切って食べてきました。


メインダイニングでは、毎日席が用意されており、すべてコース料理で頂くことができます。
キッズメニューもあり、メニューに載っているものは全部お代わり自由という、夢のようなレストランです。


パスタやポテト、チキンをいただきつつ普段なら食べないようなハンバーガーなど積極的に食べてくれたのが感動的でした。
但し、キッズメニューは日替わりではなかったので、終盤は飽きてしまったようです。大人のメニューを選ばせてあげてもよかったなと思いました。

また、ビュッフェレストラン「ウィンジャマー」は好きなものを好きなだけ食べることができます。
ヌードルバーがあったので、麺が好きな子供にはとっても助かりました。フルーツもたくさん種類があるので、嬉しいポイントです。

ただし、人が多いので席の確保に苦労したり、少し騒々しいときがあるため、時間をずらしていった方がよさそうでした。


ちなみに、17時半ごろからメインダイニングでお食事をいただき、19時半ごろからショーを見て21時前にビュッフェでデザートを食べるという背徳感満載の夜を過ごすことができました。


そんな夜に自由な時間を過ごすことができるのもクルーズ旅の魅力ですね。

普通だと夜何度もレストランに行ったりすることが不可能なので、移動が楽で夜遅くにでも気軽に食事が楽しめるのもクルーズならではの楽しみ方です。

【4歳 クルーズ旅 お楽しみポイント③】寄港地での観光

今回は、マレーシアのペナンとタイのプーケットに寄港しました。
特に、タイのプーケットは半日という短い時間でも楽しむことができたので、次は旅行でもゆっくり行きたいと思うところです。

プーケットは朝の8時ごろに到着し、19時ごろまで楽しむことができました。
中心地のパトンビーチそばで下船、なお大型客船が着岸できる港がないため小型船でのピストン輸送の形でした。


プーケットでの過ごし方を少し紹介したいと思います。

プーケット / 11時頃:下船しマーケットへ


船を降りてからすぐにトゥクトゥクをつかまえて「Malin Plaza」というマーケットに向かいます。
フルーツがたくさん売っていたり屋台のものが食べられたり、タイに来たら一度は寄りたいところ。
エビやカニのフライなど、すぐに食べれるものもたくさん売っていました。


ドクターフィッシュは約400円ほどで体験できて、初めての感覚に爆笑する4歳児でした。

プーケット / 12時頃:テレビで紹介された有名なカオマンガイ屋さんへ


お昼は世界さまぁ~リゾートで紹介された有名なお店「バイレイ」へ。約240円で絶品のカオマンガイを頂くことができました。

お腹を満たしたら近所のマッサージ屋さんへ。このあたりは一時間およそ800円で本格的なタイマッサージを受けることができます。
ベッドに余裕があれば、子供を寝かせることができたのでお昼寝タイムとしてもおすすめです。

プーケット / 15時頃:ゾウに乗れるアクティビティへ

プーケットで一番の思い出になったのは「ゾウに乗れたこと」! 
なかなか乗れないゾウに乗ったりエサをあげたり触れ合うことができました。
4歳の娘はちょっと怖がりつつもちゃんと乗れて写真を残せたので合格点!


トリトランビーチにゾウのアクティビティがあり、現地に予約なしで行って現金で支払いをしました。
子供は4,000円~5,000円程の料金でおよそ20分楽しむことができます。

本来、海に入ってゾウと一緒に水浴びをするようなアクティビティでしたが、行ったタイミングは水が引いており、砂場で遊ぶ形になりました。

濡れる可能性があるため、水着で行くことを推奨します。
なお、ツアーで予約していくこともできますが、スコールの影響や子供の状態もあるので予約なしでも良いかなと思います。

【4歳 クルーズ旅 お楽しみポイント④】大迫力のショータイム!

クルーズ船の中では、普通にチケットを取ると1万円以上するようなショーを毎日見ることができます。
船内で楽しめるので、終わっても5分もあれば部屋に帰れるのがうれしいポイントです。


マジックショーを生で見るのは初めての経験でしたが、約1時間楽しんでみることができました。
ドキドキワクワク、緩急あるショーなので子供も飽きずに見ることができますね。


4歳はちょっと途中飽きてしまいましたが、「ショーガール」というミュージカルのショーもとてもよかったです。
ミュージカル映画で大ヒットしたグレイテストショーマンの曲を生歌が聞けて最高でした。

4歳でも「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」なら最高に楽しめる!

4歳で英語も分からないし、どのくらい楽しめるのか心配する気持ちもありましたが、何のその。
乗ってみるとまったく心配がないくらいに楽しんでくれました。

特にプールは何度でも入れましたし、お腹がすくとピザやポテトなどすぐに食べられる環境も気に入ったようです。
眠くなれば部屋にすぐ行くこともできますし、大人にとっても、とても楽な旅でした。


また、特に楽しむことができたのは「お友達と一緒に行ったから」という要因も大きかったと思います。
一人だと心細いところ、プールやキッズプログラム、レストランなど一緒に楽しむことができたので、家族だけで行くよりも友達と一緒に行くほうが楽しめるでしょう。

因みに気になるお値段は、およそ1人10万円~の価格帯イメージです。大人2人ですと20万円以上となりますが、移動費はすべて込みで3食食事つきでプールにも入り放題でトータルで考えるとコスパが良く感じます。

なお、今同様のコースで2025年2月の料金を調べてみたところ、海側バルコニー付きのお部屋で大人2人と子供2人(4歳と6歳で検索)のトータル4人で、なんと約31万円でした!(2024年1月、1ドル146円で計算)

子供半額や無料のキャンペーンをやっているタイミングもあるので、狙ってみるのもいいでしょう。
クルーズ船に乗ったことがない人も、気軽に楽しめるので、是非ロイヤルカリビアンのクルーズを検討してみてください。

取材協力:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル 日本総代理店 株式会社ミキ・ツーリスト

メンバープロフィール

あみこ
あみこ
・ Instagramで子連れ旅行情報を発信している4歳女の子のママ

・主な旅行先は沖縄、九州、関東圏

・「子供が楽しく!パパママが楽に!家族で思い出に残る旅行」をモットーに情報発信

関連記事

  1. 天国すぎた!シンガポール発着「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」乗船記

  2. セブンシーズボイジャーで廻る地中海クルーズ

  3. 【完全版】日本発着 最大客船 MSCベリッシマで航く 年末年始イベント三昧の三世代クルーズ

  4. 日本人ならいつか乗りたい!ラグジュアリーなクルーズ客船ASUKAⅡで大人時間を演出

  5. 初心者におススメ!超大型客船を遊びつくすショートクルーズの魅力

  6. 母娘旅におすすめ!ロイヤルカリビアン・シンガポール発着クルーズ

カテゴリー

  1. クルーズ愛好者からの評価が高い美食客船「ノルウェ…

  2. コスパ抜群!コスタセレーナで航くショートクルーズ

  3. 【船内見学会レポ】ノルウェージャン スピリット / …

  4. イタリアの生まれのコスタ セレーナで楽しむ陽気で欲…

  5. 【子連れクルーズ】コスパ抜群!! 日本発 コスタクル…

  1. コロナ禍でどう進化した?ダイヤモンド・プリンセス

  2. クロワジー・ヨーロッパ プロバンスを堪能するローヌ…

  3. 私の推し航路「エーゲ海クルーズ」

  4. 『世界で最も美しい船旅』フッティルーテン・沿岸急…

  5. 南フランスを徹底的に楽しむリバークルーズ(紹介編)