飛鳥Ⅱではじめてのクルーズ旅

年間120日以上、53カ国渡航歴を謳っている私ですが、今までクルーズ船に乗ったことがありません。
コロナ前はカリブ海クルーズに行きたい!と思ってはいましたが、出航先が日本からだと遠く、旅行日数も必要でなかなか手が出せず、今にいたります。

今回乗船した飛鳥Ⅱは、土曜日に横浜の大さん橋を乗船、月曜日の始業前に下船ということで、会社を休むことなくクルーズ旅を体験できることに最も魅力を感じ、この機会に船旅を楽しんでみました。

飛鳥Ⅱってどんな船?魅力はなに?と同じ気持ちの方も数多くいるのではないでしょうか。
今回私が体験した内容で、魅力を感じたポイントをいくつかご紹介していきます。

出航前からお楽しみがスタート


15時台に乗船が開始し、17時に出港というのは時間があきすぎだな。と初心者なので思っていましたが、心配ご無用。出港までも色々なサービスが開始されます。
まずは、お部屋に用意されている『ASKA DAILY』という船内紙をチェックしましょう。
毎日お部屋に届くのですが、これで毎日の船内プログラムを確認出来ます。


私のおすすめは、ビスタラウンジのウェルカムドリンク。
じつは船内紙がまだ乗船時にはお部屋に準備されていないと思っていたので、出遅れました。
15:00~16:20までスパークリングワインを含むウェルカムドリンクが提供され、15:45~30分間はバンドの生演奏もありました。

また、リドカフェではハンバーガーやパスタなどの軽食や、ジェラートやソフトクリーム、その他ケーキやムースなどのスイーツなどをいただくことができました。
おすすめはカレーハンバーガーだそうです。

最後に、出港時間になるとプロムナードデッキでセイルアウェイ・パーティーが開かれていました。
乗船者みんな集まり、ドリンク片手にバンドの演奏を楽しめます。

シンプルなお部屋

私たちが今回泊まったのは9デッキのプライベートバルコニー付ツインルーム。
冷蔵庫のソフトドリンクはすべて無料で、毎朝補充もしてくれます。

バスルームには飛鳥クルーズオリジナルのポーチがあり、歯ブラシなどのアメニティが入っていました。

また、テレビにはルームシアターもあり、映画を見ながらのんびり過ごすことも可能でした。
プライベート空間に長い時間いたい方もいると思うので、このサービスは嬉しいです。

様々な食事サービス

出港前のサービス以外の食事についてもご紹介いたします。
ディナーはメインレストランでコース料理をいただけます。どのお料理も美味しく、たくさんの乗船客が一度に集まっているにも関わらず、待ち時間もなく次々とお料理を提供いただけて大満足。

こちらのレストランでは、ディナー以外にも和朝食、今回のように昼食にお寿司をいただけることもあります。

出港前に軽食を提供していたリドカフェは、朝食・昼食ともににインターナショナルビュッフェ、そして夜は23時半まで夜食がいただけるのですが、この夜食が素晴らしかったです!
夕食でコースを食べているのでたくさん食べられないのが悔しい!と思うほど、たくさんのメニューが並んでいます。

アルコールドリンクは出港前のサービス以外は全て有料なのですが、うどんのような通常ありそうなメニュー以外にも生ハムやチーズ、焼き鳥、串カツ、おでんまであり、ついついお酒を飲みたくなってしまう嬉しいサービスで、私のイチオシサービスです。

カクテルフリーパスでカクテル三昧

前述したとおり、アルコール飲料は基本的にすべて有料なのですが、お酒好きにおすすめのサービスが、こちらのカクテルフリーパス。
飛鳥Ⅱにはさまざまなバーラウンジがあり、船内すべてのバーラウンジで60種類以上のカクテルを思う存分楽しめるサービスなんです!


1DAYパス5,500円(税込)、AFTERパス3,300円(税込)の2種類があり、1DAYは文字通り朝から夜まで終日利用可能、AFTERパスは夕方17時以降からの利用となります。
とってもお得なパスなのですが、お料理を提供しているメインレストランとリアドカフェでは利用不可なので注意が必要です。

日本船ならではの大浴場


飛鳥Ⅱには露天風呂付の大浴場があります。これが日本船ならではの推しポイントのようですが、露天風呂以外にも魅力が詰まった大浴場でした。
わたし的推しポイントは、Refaのシャワーヘッドとドライヤー、そしてドライサウナです!


サウナは利用者が全然いないのでいつでも貸切状態、水風呂はぬるめなのが気になりましたが、整いスペースも内湯近くと露天風呂の二か所にあり、のんびり贅沢に利用できました。
ドライサウナ以外にもスチームサウナもありましたよ。

思い思いの船旅を


今回ご紹介した内容以外にも、カジノ体験やデコレーションボールペン作り、ビンゴ大会のような催し物、シアターの夜の映画上映、毎晩行われるステージショー、ディスコナイトなど、1日楽しめるプログラムがたくさん用意されています。

のんびり過ごしても良し。たくさんの催し物に参加しても良し。好みのスタイルで船旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

取材協力:郵船クルーズ株式会社

メンバープロフィール

CRUISE Ism 編集部
CRUISE Ism 編集部

関連記事

  1. 神戸に初寄港のスーパーラグジュアリー船「リージェント・セブンシーズ・エクスプローラー」を見学!

  2. 日本人ならいつか乗りたい!ラグジュアリーなクルーズ客船ASUKAⅡで大人時間を演出

  3. 【初めての方必見】シンガポール発着 クルーズ旅4歳が楽しめたポイントを紹介

  4. 未経験者に知って欲しい!!クルーズが手軽な旅行手段である3つの理由

  5. 最高すぎる!東カリブ海クルーズライフ【船内編】

  6. 【おとな女子旅・リピーター目線でたっぷりまとめました】写真で詳しく魅せます!「ダイヤモンド・プリンセス」

カテゴリー

  1. 【参加費無料】セレブリティ・ミレニアム 船内見学会…

  2. ワンオペ海外初体験・親子で大満喫!リゾートワール…

  3. まるで映画の世界!フォトジェニックな「オーシャニ…

  4. いつか夫婦で乗りたい…憧れの上級プレミアム客船オー…

  5. 【リゾートワールドクルーズ】シンガポール発着3泊4…

  1. コロナ禍でどう進化した?ダイヤモンド・プリンセス

  2. クロワジー・ヨーロッパ プロバンスを堪能するローヌ…

  3. 私の推し航路「エーゲ海クルーズ」

  4. 『世界で最も美しい船旅』フッティルーテン・沿岸急…

  5. 南フランスを徹底的に楽しむリバークルーズ(紹介編)